メンズエステ徹底比較 > 男のダイエットを成功させる方法を徹底解説 > リバウンドの原因とケース別の対策法を解説

リバウンドの原因とケース別の対策法を解説

リバウンドの原因とケース別の対策法を解説

食事制限や筋トレを続けて目標体重を達成しても、ダイエットはそこで終わりではありません。そのあとにはその体重を維持しなければならず、油断するとあっという間に「リバウンド」をして元のもくあみになるだけではなく、より太ってしまうリスクも。

恐ろしいリバウンドを避けるためには、どのような点に気を付ければよいのでしょうか。今回は、リバウンドする人としない人の生活習慣の違いと、リバウンドをしないために気を付けたいポイントを見てみましょう。

リバウンドの原因:早食い

リバウンド_早食いのイメージ

早食いは食べ過ぎへの近道

満腹感は食事から摂取される糖質が吸収されて血糖値が上昇したことを脳がキャッチすると得られますが、早食いをすると満腹のサインである血糖値の上昇が起こる前に食べ過ぎてしまいます。食べ過ぎた分は脂肪として蓄積され、リバウンドする原因となるのです。

ダイエット中は「絶対に痩せる」という強い意志で早食いを抑えていても、目標体重を達成して気が緩むと途端に食習慣は元に戻りがち。ダイエット中は意識していたので早食いを抑えていたのに、ダイエットが終わると早食いグセが再発してリバウンドしてしまったという人は少なくありません。

早食い予防には食材の見直しとよくかむことを意識する

早食いが原因でリバウンドしてしまうなら、早食いを抑えることができればリバウンドを防ぐことができます。

早食い抑えるためには、食材の見直しが効果的。かみ応えのある食材をメインのメニューすることで、自然とかむ回数を増やすことができます。キノコ類など繊維質の多い食材を意識して食べるようにしましょう。また、かむ回数を意識することも、後述する食べ過ぎを防ぐことも含めて効果的です。

リバウンドの原因:食べ過ぎ

リバウンド_食べ過ぎのイメージ

満腹になるまで食べないと満足できない

満腹になるまで食べないと満足できずについ食べ過ぎてしまい、気づけばリバウンドしていた…。そんな経験をしたダイエット経験者は数えきれません。早く腹八分目で満足できるようにならなければ、遅かれ早かれメタボなおなかやたぷたぷした二の腕の解消に四苦八苦する日々に逆戻りです。

食べ過ぎを防ぐためには満腹になる仕組みを知る

食事をして食べ物が消化・吸収されると、血糖値が上昇して満腹中枢を刺激、脂肪細胞から分泌されたレプチンが満腹中枢を刺激することで満腹感を得られます。レプチンの分泌には食後20分くらいの時間がかかるため、この時間差をどう埋めるかがリバウンドを防ぐポイントとなります。

1日3食を必ず守る・積極的に野菜を食べる

満腹になる仕組みを理解したところで、リバウンドを防ぐためにはどのように生かせばよいのでしょうか。手早く満腹感を得るポイントは、1日3食を守ることと、積極的に野菜を食べることの2点です。

1日1食や2食では食事の間隔が長くなることで空腹の時間も長くなり、いざ食事のときに満腹になるまでに食べ過ぎるリスクが大きくなります。1日3食を基本に、できるだけ同じ時間に食べるように心がけましょう。また、食物繊維が多い野菜はかみごたえがあるので、満足度が高く、食べ過ぎの予防が期待できます。1日3食を守り、積極的に野菜を食べることで、満腹感を得ることができます。

リバウンドの原因:糖質制限ダイエット

リバウンド_糖質制限ダイエットのイメージ

リバウンドのリスクも大きい糖質制限ダイエット

即効性の高さから人気を集めているのが、ご飯やパンを減らすことで主食に多い糖質を制限する「糖質制限ダイエット」です。しかしこの糖質制限ダイエットは、終了後のリバウンドのリスクの大きいダイエット方法でもあります。

糖質制限ダイエットで痩せたのに、食生活を以前のように戻したとたんにあっという間にリバウンドしたという経験がある人は少なくないはず。なぜ、このようなことになるのでしょうか。

糖質制限ダイエット後のリバウンド予防は、血糖値をコントロールがポイント

糖質制限ダイエット後のリバウンドを防ぐポイントは、血糖値のコントロールにあります。

糖質を摂取すると血糖値が上がり、血糖値を下げるためにインスリンというホルモンが分泌されますが、このインスリンには脂肪の蓄積を促す作用があることでも知られています。つまり、血糖値をコントロールすることで間接的にインスリンの分泌を抑えることが、糖質制限ダイエット後のリバウンドを防ぐことにつながるのです。

食物繊維と食事の順番が血糖値コントロールのポイント

血糖値をコントロールする手軽な方法として、食べる順番の工夫をすることがあげられます。野菜・海藻類・スープ類のように糖質が少なく食物繊維が多い食品を優先して食べることで、あとから糖質の多い主食を食べても血糖値の上昇は緩やかになります。また、かむ回数も増えるので、手早く満腹感を得ることもできます。

リバウンドの原因:運動不足

リバウンド_運動不足のイメージ

消費カロリーを左右する基礎代謝を維持するための運動

ダイエットを成功させた人の中には、体を動かすのが苦手でも頑張って運動していたという人も少なくありません。体を動かすのが苦手な人は、ダイエットを成功させるという目標達成するまでは頑張れても、目標を達成した途端に運動をしなくなり、リバウンドをするリスクがあります。

リバウンドを防ぐためには、目標を達成しても運動を続けることが肝心ですが、運動するのは面倒…。そんな人はメンズエステの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

リバウンド予防の施術があるメンズエステもある

ある程度体重を落とすまでは運動を頑張れても、リバウンドしないために運動を続けるのを頑張れないという人は、メンズエステの利用がおすすめです。

最近のメンズエステは減量に特化した施術だけではなく、リバウンドをしない・させないための施術もあります。さらに、本来の目的である脱毛やメリハリのあるボディーライン作りにも大いに役立ちます。また、無料カウンセリングや1回コースを提供しているメンズエステもあるので、一度相談してみるのもいいかもしれません。

まとめ

ダイエットは目標体重を達成したあとに、その体重を維持してリバウンドをしないことがダイエットに挑むよりも大切です。ここまで見てきた内容以外にもリバウンドを防ぐ方法はいくつかあるので、それらを参考にすることも効果的です。

TOP