メンズエステ徹底比較 > 臭っ!大丈夫?見直しておくべき肌対策・衣類対策

臭っ!大丈夫?見直しておくべき肌対策・衣類対策

臭っ!大丈夫?見直しておくべき肌対策・衣類対策

あなたの周りで体臭が気になる人、もしくは自身の体臭が気になって何とかしたいと思っている人はいませんか?今回はそんな方のために、今すぐできる悪臭対策を紹介します。

肌対策1. 細菌のもととなるエサを徹底除去

暑いときにドバドバ汗が出る。「不便な体質」と嘆く人が多くいるが、これは本来カラダが備えている機能がフル活用されておりとても良いこと。

しかし体臭ケアという意味では、かいた汗をそのままにしておくことはNG。放置により皮膚に存在する常在菌がエサを食べて大繁殖。繁殖した菌は臭いの元となる物質を撒き散らしてしまう。というわけで、この汗対策を万全にしましょう。細菌のもととなるエサを徹底除去する方法として、下記手順がおすすめ。

「手順」
  • 1. 朝1番で制汗剤を脇の下、首周りなど汗が大量に出る部分へ塗り余分な分泌を防ぐ
  • 2. 汗をかいたら、制汗シートで拭き取る
  • 3. 制汗スプレーを使う

細菌は大量のエサがなければ必要以上に繁殖せず、臭いも発しにくくなるため、上記3ステップを行えば悪臭に悩まされることもないでしょう。

肌対策2. 皮脂だけではなく、腸内環境も整える

体臭は皮膚の上だけで展開されているわけではありません。他に悪臭を発生させる大きな原因がどこにあるかを考えたときに、まっ先に意識したいのが「腸内環境」だ!

たとえば、長期間便秘になると、腸内では悪玉菌が増殖します。悪玉菌は悪臭(糞便臭)を発生させる成分を血液中に分泌するとされています。血液中に分泌された成分は皮膚上に至り体臭と化します。腸内環境を整える、つまり便通を良くするために、積極的に水を飲む・肉料理ばかりを食べている人は野菜を多く摂る・ヨーグルトを毎日食べるなど試みましょう。

肌対策3. 脂肪分控えめな食事で弱酸性の肌をキープ

とある企業が複数人の汗を採取して、体温と同じ37度で培養するという実験結果の発表で興味深いことがわかった。Aさんから採取した汗は4時間後くらいに臭いが発生し、Bさんは臭いが発生したのは24時間後だったという。

つまり同じ環境同じ量の汗であったとしても、臭いの発生には個人差があるということ。これには皮脂量やアポクリン汗腺から出る汗量、汗に含まれる雑菌の量など…。さまざまな違いが考えられるでしょう。

そして実験結果には、肌の酸性度合いが臭いに大きく関係していると分かったとある。肌状態がph(ペーハー)5〜6程度の弱酸性の状態から出る汗は比較的に臭いが出ない。

また、ph7以上を超える中性状態の肌から出る汗は菌が活発的で繁殖しやすく臭いやすいとのこと。最近は弱酸性の環境を嫌いアルカリ性を好むため、臭いを発生さない環境を目指すのであれば、肌の状態を弱酸性に保つことだろう。

脂っこい食事を頻繁に食べている人は皮脂量が多くなり、細菌が繁殖しやすく、アルカリ性の肌質へと傾きやすくなるとされているため注意が必要。脂肪分の多い食事から野菜中心の食事に切り替え、弱酸性の肌キープを目指してみてはいかがだろう?

服対策1. 汗をかいたららこまめに着替える

どれだけ丁寧に体を洗っていたとしても、それだけで体臭ケアが完璧とは言い切れません。なぜならば、 着ている服にも悪臭のもととなる菌が大量にくっついているから。たとえば1日着用後のTシャツ(綿素材)には汗1gにつき、10の5乗程度の細菌がくっついているとか。

とくに上半身には首回り・脇の下・ヘソ周り・背中と皮脂が多く分泌される。シャツで汗をかきやすい、臭いが発生している箇所はだいたいこの部分。臭い対策として、汗をかいたらこまめに着替えよう。

服対策2. スーツ着用者はインナーの活用を

とくに夏場厄介となってくるのがスーツ問題ではないだろうか…。スーツが汗まみれになったからといって、1回着ただけでクリーニングに出すわけにもいかないという気持ちから2回3回と着用する。そうすると臭いはドンドンきつくなってくる。

最近では丸洗いできるスーツも多く販売されているため、夏場はそちらを利用するのもアリでしょう。またスーツを何着か持っているのであれば、今日着たスーツは風通しの良い場所に吊るし、菌が好む除湿を取り除くのもアリ。さらに下半身の汗対策を取り入れるのも体臭ケアとしておすすめ。

上半身はインナー・ワイシャツ着用により汗が直接スーツに付くことはない。しかし下半身(スラックス)は直接汗が触れベタベタになることもしばしば。下半身は太腿付け根のリンパから汗が発生しやすく、スラック内は蒸れやすいため菌が増殖しやすく臭いも発生しやすい。

対策として、最近利用する人が増えているステテコ(下半身のインナー)を穿いてみてはいかがでしょうか?これ1枚でサラサラ感をキープでき、臭いの発生を抑えます。

まとめ

悪臭ケアの対策をここまでで紹介してきました。参考となりましたでしょうか?人はまわりの臭いには案外敏感なもの。自分では「臭くない」「臭っていない」と思っていても、実は 周囲にいる人は「なんか臭いがする」と嗅覚が働いている可能性があります。今回の内容を参考とし、臭い対策をしてみてください。

TOP