メンズエステ徹底比較 > 通う前に読みたい!レーザー脱毛機器の種類と特徴

通う前に読みたい!レーザー脱毛機器の種類と特徴

通う前に読みたい!レーザー脱毛機器の種類と特徴

これからメンズ脱毛をしようかと考えられている男性のみなさまに、脱毛へ通われる前にぜひ知っておいてほしい内容があります。それは、「永久脱毛」と言われているレーザー脱毛で使用する機器の種類と特徴について。

脱毛へ通う前に、医療機関のみで行うことができるレーザー脱毛と、エステサロン等で受けることができる光(フラッシュ)脱毛・美容電気脱毛の違いについて調べられる方は多くいます。もちろん事前準備として、とても良いことです。

ですが1つの施術に対して、いくつかアプローチ方法があるということはあまり知られていません。特にこれからレーザー脱毛を考えられる方にとって、今回の内容は大切な内容となっています。

この内容を知っているかいないかで、最初のカウンセリング時に積極的に質問ができ、気になる点を解消できるかに、関わってくるといっても過言ではありません。

レーザー脱毛の特徴って?

冒頭からレーザー脱毛を主体に話を進めてきましたが、そもそもレーザー脱毛とはどのような特徴があるのでしょうか。前述で、医療機関のみで行うことができると述べましたが、すでにご存じの方も多いと思います。

医療機関のみで行えるという他に、どのような特徴があるのかこちらでおさえておきましょう。

特定の色・物質にのみ反応を示すレーザー光線である

レーザー脱毛は機器から放たれるレーザーを利用して脱毛をします。レーザー脱毛機器のレーザーは特徴的で、波長の長さによって特定の色・物質のみに反応を示すといった特徴があります。皮下の毛色やメラニン色素(黒)をターゲットとして、レーザーを照射していくのです。

レーザーと聞くと高熱のため、肌がボロボロになるのでは?と思われる方がいますが、単一の波長であるため、レーザーが作用するのはターゲットとして狙った部分のみであり、ターゲット周辺の皮膚細胞を傷つけることはないと言われています。

照射部の毛が生えてこなくなる!

レーザーをターゲットに照射すると、皮下に存在する毛(黒色)にレーザー熱が吸収されて、毛をたどって毛包全体へレーザー熱が伝わります。毛包へ伝わる熱は、周囲へ広がりをみせ毛を作っている毛球部の毛母細胞と呼ばれる部分を破壊します。毛母細胞を破壊することにより毛が生えなくなってくるといったことから、レーザー脱毛は永久脱毛とも呼ばれています。

※脱毛には毛周期が関係しているため、1回の照射で毛が生えなくなってくるという意味ではありません。より詳しい内容は、レーザー脱毛体験リポートに記載しています。よければ参考としてください。

>>メンズリゼでのレーザー脱毛体験リポート はこちら

レーザー脱毛に不向きな部位

ここまで読むと、レーザー脱毛は永久脱毛と言われておりかなり効果的!と思われますよね。確かにレーザー脱毛は光脱毛や美容電気脱毛(ニードル脱毛)と比べても、機種の出力レベルが高くてより効果的と言えます。

ですが、レーザー脱毛にも照射に不向きな場所と言うものがあるのです。それは、産毛やメラニン色素が薄い部位。ここまでで説明をしたレーザーの特性から考えても、毛が太くて濃い方が高い効果が得られると言えます。そのため、顔やその他の部分に生えている産毛やメラニン色素が薄い部位には、毛母細胞を破壊するための熱をためることができないため、それほど効果を得られない可能性が高まります。もちろんこれらの部位にも、機種やアプローチの仕方で効果は期待できるでしょう。

照射したい部位に照射を行い、効果を期待できるかできないかについても、カウンセリングの際に、しっかりと聞かれておくことをおすすめします。

※カウンセリングで、しっかりと効果やリスクについて説明をしてくれたメンズリゼでの体験リポートをぜひ参考としてください。

>>メンズリゼでのレーザー脱毛体験リポート はこちら

レーザー脱毛の種類と特徴

ここまでで、レーザー脱毛について紹介を進めてきました。ここからは、本題でもあるレーザー脱毛施術で扱われている機種の種類と、特徴についてです。念をおして説明しますが、レーザー脱毛は医療機関のみで行える施術となります。

機種1. ダイオードレーザー

医療脱毛(レーザー脱毛)のなかでも、王道と言われており、多くの医療機関で使用されています。半導体を用いて作られているため、波長の変更が可能であるというのが最大の特徴です。その他の特徴として下記も挙げられます。

◆短時間で照射範囲を広く施術できる ダイオードレーザーは他の医療レーザー機種と比べて照射範囲が広く、それに伴い施術時間が大きく短縮されるといった特徴があります。特に全身脱毛や複数カ所といったように、広範囲の部位へ施術を考えられている方は、時短ができる他、通われる回数も減らせるといったことからダイオードレーザーはおすすめと言えます。

※カウンセリングの際に、機種や通院回数について確認をしっかり行ってくださいね。

◆冷却装置により痛みが軽減

ダイオードレーザーの機種によって異なりがありますが、ダイオードレーザーではレーザー照射の瞬間に冷却装置が作動し、冷却されるためレーザー照射時の痛みを軽減させることが可能です。

下記のレーザー脱毛体験リポートでも使用したのは、ダイオードレーザーでした。画像もありますので、ぜひ参考の1つとしてください。

>>メンズリゼでのレーザー脱毛体験リポート はこちら

機種2. アレキサンドライトレーザー

日本人特有の肌質(メラニン料など)と相性がとてもよく、多くのクリニックで使用されているレーザー脱毛機器です。しかし、ダイオードレーザーと比べると、痛みを感じると言われているため、どうしても痛みに我慢できそうにない、苦手と言われる方には、カウンセリングでその他に効果を期待できる機種や、麻酔をして施術を受けることができるかを確認しましょう。

◆短時間・広範囲・照射漏れ少

アレキサンドライトレーザーもダイオードレーザーと同様に、照射時間が短く広範囲の施術を行えるのが大きな特徴です。また機器の特性上、打ち漏れといったリスクが少ないとしても知られています。

◆技術者のレベルに左右されにくい

レーザー脱毛施術は、専門的な機器を扱うこと。そして、骨格や肌の弾力などは人によって異なるため、どうしても技術者の力量によって照射をするときに、照射漏れが出てしまう等といったリスクはつきものです。

しかしアレキサンドライトレーザーは、機器を肌に接触させないで照射をするタイプの機種であるため、出力レベルの設定を間違えなければ、技術者の力量によって施術や仕上がりにバラつきが出るといったリスクを軽減させることができます。

機種3. YAGレーザー

YAGレーザーは、ここまでで紹介してきたレーザーと比べても、最もレーザーの波長が長く、肌奥まで届くといった特徴をもっています。

◆肌が黒い方にも照射が可能(しかし注意が必要)

YAGレーザーは、肌が黒い方にも照射が可能な機器となっています。しかし、やけどのリスクが高くつくため、導入しているクリニックはそれほど多くありません。レーザースポット(照射)部分が他の機種と比べても小さいことから、広範囲に向かない、痛みを伴いやすいといった面もあるため、YAGレーザーで脱毛をされたいと思われている方は、カウンセリングで医師に確認をするようにしましょう。

まとめ

ここまでで、レーザー脱毛で取り扱われている機種や特徴について紹介をすすめてきました。他にも、ロングパルスレーザーや、ライトシェア・デュエットといったように、クリニックによっては、取り扱っている機器が異なる場合があります。

気になるクリニックでは、どのような機器が扱われているのか、どのような特徴があるのかは公式サイトで調べる他、カウンセリングで医師に疑問点を解消するまで質問をされることをおすすめします。

よろしければ、下記のレーザー脱毛体験リポートも参考としてください。お店へ入るところから、カウンセリング、施術、お店を出るところまでと、流れをおさえることができますよ

>>メンズリゼでのレーザー脱毛体験リポート はこちら

TOP