TOP > 夏場に汗臭くなる理由は?汗とニオイの5つの防臭対策!

夏場に汗臭くなる理由は?汗とニオイの5つの防臭対策!

夏場に汗臭くなる理由は?汗とニオイの5つの防臭対策!

人間にとって汗をかくということは、適切に体温調節をするためになくてはならないもの。夏の暑い時期で例をあげると、カラダは汗をたくさんかくことで体表面を冷やし、体温がこれ以上上がらないようにと調整しているのです。

このようにカラダにとって大切な役割を果たしている汗ですが、気になってくるのが汗の臭い。周囲にいる人の臭いはもちろん気になりますが、自分が臭いを発していたら?と気になってしまいますよね。ここでは、汗に関する知識とニオイをおさえるための防止策を紹介します。

汗は2種類ある

ひとくちに「汗」と言っても、ニオイがきつい汗と、それほど臭わない汗があります。このニオイの差はどうしてか?それは、汗腺が2種類存在 しているから。

1つは、皮膚の直下に位置する「エクリン汗腺」。そしてもう1つが毛穴の中に隠れている「アポクリン汗腺」です。一度くらい聞いたことはありませんか?実はこの2つの汗腺が性質の違う汗を分泌し、ニオイの差があるのです。

ニオイの元は「エクリン汗腺」

アポクリン汗腺から出される汗は、近くに皮脂腺があるといった理由もあり、タンパク質・脂質・鉄分などを含み、よくみると色が少し濁っています。一方のエクリン汗腺はというと、99%が水分で、微量に塩分や乳酸を含んでいると一般的に言われている。2つの汗腺を見比べてみると、アポクリン汗腺の方がニオイの元のように思えるかもしれないが実はそうではない。

アポクリン汗腺は腋(わき)下・陰部・ヘソまわりといった特定の箇所にしか存在しません。対してエクリン汗腺は全身に存在しており、体温調整に影響され汗が出される。この汗こそが発汗のニオイの元を生み出していると言えるのです。汗と一緒に皮膚に流れ出る物質を、皮膚に存在している菌が食べニオイを発すると言われています。

やはり、ニオイはおさえたいですよね?下記では特に夏場必須となってくる、汗やニオイを防止する策について紹介します。

防止策1.こまめにカラダを拭く

特に夏場時期ともなると、家を出る前に汗ふきシートなどでカラダをサラサラにしていたとしても、目的地に着く頃には汗をビッショリかいているなんてこともあるでしょう。これでは前述でも紹介したように、汗から一緒にでる物質を菌が食べ悪臭を発します。

市販で売られているボディーシートでカラダを拭く、またはスプレーをするなどして、常に清潔を保つことが防止策として初手と言えるだろう。

防止策2.運動をしてサラサラ汗を目指す

みなさんのカラダから出てくる汗は、ドロドロした汗ですか?それともサラッとした汗どちらでしょうか?結論を先に言うと、ドロドロとした汗はニオイやすく、サラッとした汗は臭いにくいもの。

特に動くことが嫌い、スポーツなどをしないといった人は汗腺がうまく機能しなくなり、汗をかきづらくします。体内にため込まれている状態の汗は、電解質が多く含まれているため、生乾きやカビのような臭いとなります。定期的に運動をすることで汗腺機能が働き、サラッとした汗が出るようになるため、ニオイを出さなくなります。

防止策3.汗腺に刺激を与える

先ほども紹介したように、ドロドロの汗は嫌なニオイを発します。運動をすることが苦手。

でも、サラッとした汗を出したい。そんな方はシャワーのときにちょっとした方法を試しましょう。熱めのお湯と、少し冷たいと感じるくらいの温度のぬるま湯を交互に、繰り返しカラダに浴びせましょう。汗を出す汗腺機能がにぶっている人も、このような方法をとることで、汗腺が刺激され機能が働き出します。

防止策4.湯船にしっかりつかる

特に夏場は毎日暑いため、シャワーだけで済ませたくなるもの。しかしそれがニオイの原因と考えられる可能性が大いにあるのです。たとえ夏場であったとしても、入浴時にはしっかり湯船につかるようにしましょう。

湯船にしっかりつかることで毛穴がしっかり開き、シャワーだけでは落としきれなかった汚れやニオイの元が出せるはず。また湯船につかることは筋肉にリラックス効果をもたらすため、発汗機能にも効果的と言えます。

防止策5. メンズエステで施術を受ける

メンズエステは、ダイエットや脱毛といったイメージが強いかもしれないですが、実は全身から出る汗の臭い、ワキガで悩まれている方も多く通われています。

特に汗・臭いの防止策としておすすめしたいのが、マッサージやヒートマット・ドームサウナといった大量に汗をかきデトックスができる施術。特にマッサージの場合、ワキなどのリンパ付近を狙ってマッサージができるため、ニオイの元にもなる老廃物を汗として出すことができます。

まとめ

ここまでで汗や、ニオイを防止するための策を紹介してきました。特に夏場など、暑い時期ほど汗は出てきます。こちらで紹介したような防止策をしておくことで、かなりおさえることができるはず。

本意ではないとはいえ、大量の汗・キツイ臭いが出ていると周囲に気を使ってしまいますよね?自分ができる範囲のことから実践してみてください。

>>メンズエステ比較ランキングはこちら

TOP