TOP > 【危険】短期間でできる?3つの間違がったダイエット方法!

【危険】短期間でできる?3つの間違がったダイエット方法!

【危険】短期間でできる?3つの間違がったダイエット方法!

「カッコイイ見た目になりたい」「でも努力はしたくない」、それどころか「ラクに痩せて結果を出したい」と思ってしまう人がついハマってしまうのが短期間ダイエット。

短期間ダイエットはその名の通り体重が落ち、見た目も痩せます。しかし、体重が落ちるのは一時的で体調を崩しやすく、下手をすれば以前より太ってしまうといったリスクが伴います。今回は、間違いと言える短期間ダイエットについて紹介します。

間違い1. 糖質抜きダイエット

白米やパンを食べないという糖質抜きダイエット。メディアや雑誌で、即効性がありダイエットに効果的と人気が高いです。糖質抜きダイエットはここ数年で取り扱われだしたダイエット手法のため、長期データが少なくカラダへかかる負担や、効果の実証ができていないというのが事実

とある研究家によると、糖質を抜くと体臭が発生するという。これは本来糖質をエネルギーとして消費をする代わりに、脂肪分をエネルギーとしたときに発生するケトンの臭い。また、糖質抜きより適度に糖質を取り運動など、消費エネルギーを増やした方が、長期的に見ると痩せるという。糖質抜きダイエットをしている場合は今すぐ辞めよう。

間違い2. 断食ダイエット

体重をとにかく早急に落としたいと、断食に取り組む人は少なくありません。ダイエットを突きつめると、摂取カロリーより消費カロリーを増やすことで、体重が落ちていくという理論は成立する。

しかし安易に摂取カロリーだけを減らし、断食のように食事自体をカットするというのは非常に危険。病院が規定している減量治療の場合においても、基礎代謝を下回らないカロリー数値は男性1,500cal以上、女性1,200cal以上に設定されている。この基準を下回るカロリーしか取っていないというのであれば要注意。

また、上記の規定範囲内でダイエットを行う場合も、食事量(カロリー)だけを減らすのは危ない。理由は体重と共に筋肉が落ちるから。筋肉が落ちると基礎代謝が大きく落ちるため、リバウンドしやすい体質へと変わってしまう。低カロリーダイエットを行う場合は筋肉を落とさないために、体重1kgにつきたんぱく質1.5kgを目安に取ろう。合わせて、カルシウムやミネラル成分も不足がちとなるため、チーズなどでしっかり栄養補給することをおすすめします。

間違い3. 酵素ダイエット

カラダがふくよかな芸能人が、短期間で大幅減量を成功させたことから評判となった酵素ダイエット。酵素は体内で作られる量が一定であるため、外から代謝酵素を取り入れることで、基礎代謝を大きくアップさせ、痩せることができると言われている。

しかし酵素を外部から取り入れることは非常に難しい。酵素は「代謝酵素」「消化酵素」「食物酵素」と3つに分けられており、そのどれもがたんぱく質から構成される。そのため食べ物を口から入れたところで、胃や腸でアミノ酸に分解され体内で吸収される。

ここで重要なのは、酵素そのものを補充することはできないということ。「酵素を取れば痩せられる」と酵素ドリンクのみで食事を済ませる人も多いですが、体力低下や栄養失調など、体調を崩してしまうため、しっかり食事を取るようにしましょう。

まとめ

短期間で行う間違ったダイエット方法について紹介してきました。最近ではインターネットなどで仕入れた情報から、正しいと思い込みダイエットを始め、結果的に体調を崩してしまう人が多いということ。

ここで説明をした3つのダイエット方法は、とくに取り組む人が多いため紹介させて頂きましたが、他にも短期間で痩せられるダイエットには何らかのデメリットがあるので、気を付けてください。 健康的に、リバウンドの事も考えたダイエットをしたい場合はジムやエステなどがおすすめです。体験や無料カウンセリングもあるので、一度相談してみるのもいいかもしれません。

>>メンズエステ比較ランキングはこちら

。が

TOP