TOP > コラム > 豆知識 > リバウンドをするキッカケと今すぐできる打開策!

リバウンドをするキッカケと今すぐできる打開策!

リバウンドをするキッカケと打開策!

すでにご存知の方が多いと思いますが、ダイエットをした後に体重が戻ることをリバウンドと言います。壁に投げつけたボールが跳ね返ってくるように、勢いよく減量した体重ほどあとで勢いよく跳ね返ってきます。肝心なことは、戻りかけた体重をいかにうまくコントロールできるか。

ここでは一般的にありがちなリバウンドのきっかけと、打開策を紹介します。「これならできそう」と思う内容を取り入れてみましょう。

リバウンドのきっかけ1. 夕食が遅くなる

夜遅くに食べるほど、活動量が落ちているためカロリー消費できず、余ったカロリーが体脂肪として蓄積されやすいというのはご存知の方も多いでしょう。とはいえ、残業が恒常化しているため仕事が終わってから食事を摂ろうとすると、夕食は限りなく夜食に近くなってしまう。そんな人はどのようにすればいいのでしょう。

打開策として、「分食をする」

夕方になったら、おにぎりやサンドイッチなどの主食だけ先に摂りましょう。主食には脳のエネルギー源となる糖質が豊富に含まれているため、集中力も上がり仕事の効率を良くします。そして残業後、肉や魚介類などの主菜や野菜を食べます。このように、食べて大きなカロリーとなる主食を先に済ませておくことで、リバウンドを回避しやすくなります。

夜の遅い時間まで残業が多い方は、分食を取り入れてみてはいかがでしょうか?

リバウンドのきっかけ2. 間食の誘惑に負けてしまう

会社で働いていると、デスクワークの合間に、誰かの出張土産であるお菓子をつまんだり、砂糖たっぷりのコーヒーと一緒にチョコやクッキーを食べたりと心当たりはありませんか?間食を頻繁に続けていると、せっかく減量した体重もあっという間に戻るでしょう。では、このようなときどうすればうまく乗り切れるのでしょうか?

打開策として、「シュガーレスガムを噛む」

間食をしたくなるのは血糖値が下がり、カラダに蓄えた体脂肪が分解されエネルギーとして使われようとしているサイン。このタイミングで間食をすると、体脂肪は分解されません。このような場面に提案したい打開策はシュガーレスのガムを噛むこと。ガムを噛むことで脳の覚醒作用も期待でき、眠くなりがちな食間の能率低下もカバーできるため一石二鳥です。

口寂しくなってきても、5分程度我慢をしていると血糖値が安定して間食をしなくても平気になります。シュガーレスガムを食べて間食の誘惑を断ち切りましょう。

リバウンドのきっかけ3. 飲み会が続く

飲み会に誘われて、どうしても断れず参加せざるをえないといった場面はあるでしょう。このような場面での打開策はどのようなことが考えられるのでしょうか?

打開策として、「締めでご飯類・麺類を摂らない」

飲み会で太る引き金となるのは、小腹が空き締めの注文で「おにぎり」や「お茶漬け」「そば」といったご飯類や麺類を頼むこと。夜も遅くなってきた飲み会の最後にご飯類などの糖質を摂ると、カロリーが余り体脂肪として蓄積されやすくなります。周囲が締めの注文をしたとしても、自分は絶対に手をつけないという強い意志をもちましょう。

リバウンドのきっかけ4. 腹八分目に慣れない

太らない食生活の鉄則は、お腹いっぱいになるまで食べないこと。腹八分目で食事を終える。それは重々承知をしているつもりでも、どうしても腹八分目に慣れない・・。このような場合には、どのようにすればいいのでしょうか?

打開策として、「野菜の摂取を増やす」

腹八分目生活を目指すのであれば、野菜の摂取を増やす と有効です。野菜には食物繊維が多く、噛みごたえがあるため物理的にも心理的にも満足度が高く、食べ過ぎをセーブできることが期待できます。合わせてよく噛みゆっくり食べることでより効果を得られると言えます。

リバウンドのきっかけ5. 運動が続かない

リバウンドをしないカラダ作りをするためには、定期的に運動をする。基礎代謝を上げなければいけない。わかってはいるけど、運動がもともと好きじゃない限り定期的に続けるのは難しい。そんな人はどのように打開すればいいのでしょうか。

打開策として、「メンズエステを利用する」

ある程度体重を落とすところまでは運動を頑張ってこれた。しかし、さらにリバウンドをしないために運動を定期的にしなければいけないとなると、精神的にも疲れて続けられないといった人も出てくるでしょう。

そんな人にはメンズエステの利用がおすすめ。最近のメンズエステでは体脂肪の減量に特化した施術はもちろん、リバウンドをしないカラダ作りをするための施述などもあります。せっかく減量した体重が元に戻らないために、またメリハリのあるボディーラインを作るのにも、メンズエステの利用は非常に効果的でおすすめです。

まとめ

ここまでで、リバウンドをするキッカケと打開策について紹介してきました。「これならできそう」と思える内容はありましたか?ダイエット、自身のカラダを変えていくにはそれなりの苦労や努力が必要かもしれません。辛いな、どうすればいいのかなと悩んだときに今回の内容を思い出してもらえると嬉しいです。

TOP