TOP > コラム > 豆知識 > ダイエットに関係!今すぐ実践できる基礎体温を上げる方法【激選6つ】

ダイエットに関係!今すぐ実践できる基礎体温を上げる方法【激選6つ】

ダイエットに関係!今すぐ実践できる基礎体温を上げる方法【激選6つ】

ダイエットにチャレンジをしようと思われる方、すでに挑戦しているといった方に確認をしてほしいことがあります。あなたの体温は何℃でしょうか?このような質問を投げかけたのも、ダイエットをする上で基礎体温が大きく関係しており、切っても切り離せないからです。

仮に計った体温が36.3℃以下であるならば、ダイエットに精を出しても、残念ながら痩せにくい体質と言えるかもしれません。ここでは今すぐできる方法として、基礎体温を上げる項目を紹介します。効果的にダイエットの結果が出るよう、内容を確認しておきませんか?

体温が低いと基礎代謝も低い

「体温が低いと基礎代謝も低い」これは重要なポイントです。基礎代謝とはすでにご存じの方も多いかもしれないですが、寝ているなどカラダを安静にしている状態でも、呼吸をする・心臓を動かすなど、生命を維持するために必要な最低限のエネルギーを言います。

この基礎代謝の高い低いが、ダイエットの結果に大きく関係してくると言っても過言ではありません。結論を言えば、体温が低いと基礎代謝が低くなり、体脂肪の燃焼効がされにくい体質となります。ダイエットを行い、しっかり結果を出すためには基礎体温(基礎代謝)を上げ体脂肪が燃焼されやすい体質としましょう。

36.4~36.9℃が理想の体温

では基礎体温がどのくらいであれば良いのか!36.4~36.9℃が理想であると覚えておきましょう。前述でもありましたが、体温が36.3℃以下の場合、低体温気味でダイエットで効果が出にくい体質。

37℃以上となると、カラダが熱をもちすぎているため良くありません。自身の平熱を知らないといった方は、今すぐ体温計で確認して低い方は下記で紹介する方法で基礎体温を上げていきましょう。

基礎体温を上げる簡単な方法

方法1. 冷たい食べ物・飲み物は避ける

当たり前のような話に聞こえてしまうかもしれないですが、冷たい食べ物・飲み物はカラダが思っている以上に冷えてしまい、1番やってはいけないことだと言えます。冷たいものを口にすると、カラダを冷やすだけでなく、内臓機能まで低下させるため、消化不良や基礎代謝低下を起こします。

基礎体温が低い方で、冷たいものを日頃とられている方は、できるだけ避けましょう。

方法2. 根菜類を積極的に食べる

大根やニンジン、ゴボウ・サツマイモ・カブといった根菜類はカラダを温める効果があるため、できるだけ毎日摂りましょう。また、熱を加えて温かい状態にして食べる工夫をすることで、カラダを温める効果をより引き出すことが可能となります。

方法3. 白湯を毎日飲む

朝起きた直後が1は体温が1番低い状態。1日カラダを活発に働かし、1日の代謝を高く保つことができるかどうかは、朝1番にかかっているとも言えます。ですので、朝起きたら白湯を10分程度かけてゆっくり飲みましょう。

方法4. カフェイン入りの飲み物を避ける

コーヒーやカフェインたっぷりの緑茶など、カフェインが含まれる飲み物を飲み過ぎてしまうと、自律神経の交感神経が優位となり、血流が悪くなってしまうのです。血流を良くし、体温を上げるためには副交感神経を優位にすることがカギとなります。

副交感神経が優位となるよう、リラックス効果が得られるホットミルクやホットココアを飲みましょう。

方法5. 足裏のマッサージをする

足裏には末梢神経の集合体である反射区が集まっており、全身の器官に通じていると言われています。そのため、足裏をマッサージすることで全身の器官を活発にすることができ、体温上昇の期待ができます。

入浴後にストレッチと合わせて行うと、より効果的ですよ。

方法6. 深呼吸をする

私たちは仕事や日常生活のなかで、何かとストレスが溜まりがち。ストレスを感じると呼吸が浅くなり、体内へ供給される酸素量が減るため、代謝が落ち体温が下がってしまいます。

そこで深呼吸をすると、体内へ取り込まれる酸素量が増えるため、細胞が活発に働き出し代謝を高め体温を上げます。息を吸ったときに、お腹の奥まで空気が入っているかを意識しながら深呼吸をしましょう。

まとめ

今すぐ実践できる基礎体温を上げる方法として、6つ紹介してきました。どれも紹介した内容すべてが今すぐ実践可能で、簡単だったはずです。基礎体温とダイエットは大きく関係があるということをおさえ、ここでの方法を実践してみてください。

TOP