TOP > 【スネ毛脱毛】丁度いい回数は?料金・期間や薄くする処理方法も!

【スネ毛脱毛】丁度いい回数は?料金・期間や薄くする処理方法も!

スネ毛脱毛の回数と値段を徹底調査

女性からみて丁度いいスネ毛の定義

女性から見てモテるスネ毛とは「薄いスネ毛」の事をいいます。スネ毛は濃くても・無くてもダメです!

なので、もともとスネ毛が薄い方は脱毛したりスネ毛を切ったりする必要はありません。無理に減らそうとするとかえって格好悪くなってしまうので、そのままの状態がベストです。

その理由が女性の意見として「濃くなければなにもしなくていい」という答えが最も多いからです。かといって、「濃すぎると気持ち悪い!」という意見も非常に多く「スネ毛は薄くするのがベスト」と言えます。

今回はそんな濃いスネ毛の男性の方でも、丁度いい毛量にできる脱毛回数や料金と処理方法について解説していきたいと思います。

スネ毛脱毛の回数と期間

スネ毛の減少率
【少し薄くなる】
30~40%
【薄くなる】
50~70%
【ツルツルになる】
70~90%
クリニック回数2~3回
4~6回
7~9回
期間2~4ヵ月6~10ヵ月1~1年半
脱毛サロン回数4~6回
8~12回
14~18回
期間4~10ヵ月1年半~2年2年半~3年

クリニックとサロンの脱毛には照射の出力に2~3倍の違いがあります。施術する回数と期間も比例するように約2倍となっています。

また、エネルギー量が多いクリニックは毛根を破壊するほどの威力があるので、痛みも強いですが「永久脱毛」が可能です。

光脱毛は毛根にダメージを与え、成長を遅らせる効果までとなっています。

スネ毛脱毛の料金

スネ毛の減毛率の回数を目安に計算しています。それぞれ「どのくらいスネ毛を薄くするか?」が違うと思うので、価格は目的別に分けています。

クリニック
【少し薄くなる】
【薄くなる】
【ツルツルになる】
湘南美容外科クリニックロゴ
湘南美容クリニック
4万9680円/3回
8万1000円/6回13万0680円/9回
メンズリゼロゴ
メンズリゼ
8万9800円/5回10万4000円/6回14万6600円/9回
ゴリラクリニックロゴ
ゴリラクリニック脱毛
9万円/3回13万8000円/6回21万1600円/10回
サロン
【少し薄くなる】
【薄くなる】
【ツルツルになる】
リンクスロゴ
リンクス
6万7000円/6回
7万9640円/12回9万8600円/18回
menstbc75×75
メンズTBC
5万5800円/6回11万1600円/12回16万7400円/18回
メンズキレイモロゴ
メンズキレイモ
15万7140円/8回17万1612円/12回18万9540円/無制限

クリニック・サロン共に最安値はほぼ同じです。あとは「短期間で永久脱毛がしたいならクリニック」「長期間かかっても痛くない抑毛がしたいならサロン」がおすすめです

自宅や会社からの通いやすさも重要な項目なので、交通のアクセスもチェックして最適な場所を選びましょう。

1位:湘南美容クリニック

湘南美容外科クリニックのメインビジュアル

湘南美容クリニックが選ばれる理由

  • スネ毛を薄くするのに8万1000円と最短・最安値
  • 最新の脱毛機メディオスターで痛みをほとんど感じない
  • 全国に50店舗と多く通いやすい

湘南美容クリニックは全国に50店舗以上あり、年間15万件以上の施術をこなす大手のクリニックです。

スネ毛を最短で脱毛する事ができ、クリニックの中では1番安い医院です。

脱毛器なども多く取り揃え、店舗によっては最新機種の痛みの少ない「メディオスター」を導入しています。

店舗数も多く通いやすいのも、人気の理由の1つです。

2位:RINX(リンクス)

RINXリンクス

RINX(リンクス)が選ばれる理由

  • サロンの光脱毛で1番安い
  • 痛みが少なくストレスなく通える
  • 全国に40店舗と交通のアクセスが良い

RINX(リンクス)も店舗数が多く、40店舗以上と全国に展開している脱毛サロンです。

料金も脱毛サロンの中では最安値で、スネ毛を2番目に安く脱毛する事ができます。

サロンで施術できる光脱毛は痛みが少なく、ストレスなく通い続けられる事もポイントです。

3位:メンズリゼクリニック

メンズリゼ

メンズリゼが選ばれる理由

  • シェービング・キャンセル・お薬が無料
  • 特徴が違う最新脱毛器を2台導入
  • 男性専門のメンズクリニック

メンズリゼはメンズ専門の脱毛クリニックで全国に18院を展開しています。

湘南美容クリニックより、コース料金は少し高いですが、「シェービング代・キャンセル代・お薬代」が無料なので、こちらもかなり低価格です。

脱毛器も「効果の高いライトシェア」・「痛みの少ないメディオスター」の最新機種が2台揃っています。

4位:メンズTBC

tbcmain

メンズTBCが選ばれる理由

  • 1回づつの値段が安い
  • コースじゃないのでいつでも辞められる
  • 毛量を調整しやすい

メンズTBCは全国に40店舗以上あるサロンで、脱毛の他にもフェイシャルや痩身の施術も行っています。

格安店と比較すると料金は高いですが、コース制ではなく1回ごとの契約なので、好きなタイミングで脱毛を終了できます。

まだ回数で悩んでいる、薄いから早く終わりそうといった方には、メンズTBCがおすすめです。

自宅でスネ毛を薄くできる除毛方法

1.スネ毛用のスキカミソリ

sune_hairtorima
出典:https://www.gatsby.jp/howtouse/bodycare/gb-body-hair-trimmer/

スキばさみと同じように完全に切ってしまうのではなく、刃に一定の間隔をあいているので、少しずつ毛量を調節でき剃りすぎてしまう事が減ります。

毛が長い・くせ毛があるといった方も、刃を変えるだけで2~8mm・6~12mmに長さを調節でき、手軽にスネ毛を薄くする事ができるアイテムです。

またブラシで毛をとくような感じで、剃っていくので直接肌に触れる事がありません。カミソリ負けしやすい敏感肌の方でも安心して使用する事ができます。

ただ、一気に減毛するのではなく徐々に減らしていく必要があるので、手間と少しの慣れが必要です。価格は1本600円とリーズナブルなので、持っておくと「いざっ!」という時に助かるかもしれません。

2.電動シェーバー

パナソニックの電気シェーバー画像
http://panasonic.jp/mens/body/er-gk40.html

手ですく場合はリーズブルなのですが、何度も自分で調節しながら少しずつ剃っていく必要があるので、手間と時間がかかります。

電動シェーバーだと何度か剃るだけでキレイにスネ毛を調節する事ができ、スキカミソリより楽に減毛する事ができる事と、3mm、6mm、9mmと毛の長さを調節できるので、毛量に合わせて使いやすくなっています。

メンテナンスも簡単で丸ごと水洗いができるので、使用後にササっとッと洗うだけとなっています。

使い方は動画を見ていただければわかると思いますが、スネ毛の処理はドライシェービングで行います。逆にウェットシェービングだと、殆どほとんど剃れないようなので、お風呂での使用が目的の場合は向いていません。

3.抑毛剤

抑毛剤ゼロファクター

抑毛剤の効果は2~3カ月目からと即効性がないですが、塗るだけで簡単に毛を薄くする事ができるので、手間と時間をかけず毛を薄くする事ができます。

また美容成分が含まれているので、肌ケアをしながら減毛する事ができ、カミソリ負けや肌が弱い方にはオススメの方法となっています。

ただ使用をやめてしまうと効果がなるなるため、使い続ける必要がありランニングコストがかかるので、長期間薄くしたいのであれば脱毛をする方が安いです。

4.家庭用脱毛器

ケノン脱毛器

初期費用が高く6~8万円するのがネックですが、一度抑毛が完了した部位は、毛が生えにくくなり長期間薄くする事ができるので、何度も剃る必要がなくなります。

また自分のさじ加減でどれくらい薄くするか調節する事ができ、スネ毛の他にも、ヒゲ・腕・胸毛・VIOなどあらゆる箇所に使える事も大きなメリットです。

脱毛に興味があるけど、サロンやクリニックに通うのが面倒な方にもおすすめの方法となります。

ツルツルになるきスネ毛の処理方法

脱色してスネ毛を薄くする

ムダ毛脱色

髪の毛のブリーチのように、スネ毛を脱色する事で目立たないようにする方法ですが、肌へのダメージも大きくスネ毛の濃い方はかえって目立ってしまい、日光などが当たる事でさらに存在感が増します。

こちらは全て剃っているように見えても気持ち悪い、染めていることに気づかれるとより気持ち悪いと思われるので、避けた方がいい処理方法となります。

毛が完全になくなってしまう脱毛クリーム

脱毛クリーム(除毛クリーム)
出典:http://www.donkimall.com/shop/products/detail.php?product_id=27929

脱毛クリームは表面に見えている毛だけを溶かす事で除毛する事を目的としています。刺激が強く肌に悪い製品もありますが、人気があるのは保湿効果があり低刺激の除毛クリームです。

脱毛クリームは足をツルツルにする事ができ生えてきた時にチクチクしないのですが、除毛する毛量の調整ができないので、見た目を重視するなら、おすすめできません。

>>脱毛クリームについて詳しく見る

おわりに

ここまでで、モテるスネ毛を作るために、薄くする方法を紹介してきましたが、やってみようと思える処理方法は見つかったでしょうか。

もしこの方法で薄くしたい!と思える処理方法があったなら最後に一つ、気を付けてほしい事があります。それは処理している事を女性に気づかれない事です。

なぜなら、濃い男も7割の女性に嫌われるのですが、実は処理している男も8割が嫌いというアンケート結果があるからです。

男性にとってはとても理不尽な話ですが、シェービングの際は周期を決める、脱毛の場合はやりすぎないようにする事を心がけてもらえればと思います。

TOP