TOP > コラム > 脱毛の基本 > ヒゲ脱毛をエステサロンでするならメンズTBCがおすすめ!

ヒゲ脱毛をエステサロンでするならメンズTBCがおすすめ!

ヒゲ脱毛をエステサロンでするならメンズTBCがおすすめ!

脱毛で身だしなみを整えたいと思われるあなた。数あるメンズエステ・クリニックのなかから、どこを選びますか?ここでは、脱毛施術で有名なメンズTBCを紹介します。

メンズTBCと言えば、年間で16万人以上が利用しているほどの超大手。街を歩いているとメンズTBCの看板を見かけた、電車に乗っていると中吊り広告があった、テレビを見ているとCMで流れた!と1度くらいは、メンズTBCを見かけたことがあるのではないでしょうか。

メンズTBCで行う脱毛がおすすめの理由について見ていきましょう。

メンズTBCは美容電気脱毛法での施術がウリ

メンズTBCは、ニードル脱毛とも呼ばれる美容電気脱毛法で、みなさまの毛を処理します(メンズTBC内ではスーパー脱毛と呼ぶ)。

美容電気脱毛法はフラッシュ脱毛のように、1度の照射で広範囲の毛へアプローチするのではなく、1本1本毛が生える毛穴へ電気を通し、毛穴の奥に存在する発毛細胞(毛母細胞・毛乳頭)を破壊します。

近年では医療機関が行っているレーザー脱毛や、エステサロンで行われているフラッシュ(光)脱毛が主流となっているため、美容電気脱毛法を行うところは減ってきましたが、メンズTBCでは脱毛効果の高さから、美容電気脱毛法を行っています。

その場で毛がなくなり、肌が引き締まる

メンズTBCで美容電気脱毛(スーパー脱毛)を行うと、その場で毛がなくなり、毛穴が引き締まることを実感できます。これはムダ毛1本1本丁寧にアプローチをかけているためです。

また前述でもあったように、発毛細胞を施術で確実に破壊するため、毛が生えてきにくくなります。

毎朝のヒゲ剃り時間が大幅短縮される

美容電気脱毛で毛穴から確実に処理することで、今後のヒゲ剃りがかなり楽になります。毎朝のヒゲ剃り時間が短縮できれば、バタバタすることも少なくなり、今までよりほんの少し睡眠時間を取れるでしょう。

施術当日は2mm程度の長さが必要

脱毛効果の高いスーパー脱毛をメンズTBCで受けるためには、1つ注意が必要。それは施術当日にはヒゲの処理をしないで店舗へ行くこと。美容電気脱毛では1本1本の毛をピンセットでつまむ必要があるため、2mm程度の長さが必要となるのです。

やっとの思いで施術の予約が取れて足を運んでも、カウンセリングでヒゲの長さが足りないと判断された場合には、当日施術を受けることができません。 当日にむけて前日か2日前あたりからヒゲを処理しないことをおすすめします。

自己処理に潜む、肌へのダメージ

最後に、現在髭剃りやピンセットで毛を抜き自己処理をされている方へお伝えしたいことがあります。それは自己処理でムダ毛を一時的に処理をできたとしても、翌日になればまた毛が生えるため処理が必要ということ。

毎日自己処理をすればいいのでは?と思われた方は、自己処理によって肌へ加わるダメージがあるということを覚えておきましょう。

ヒゲ剃りは炎症の原因に

電気シェーバーやカミソリを使い毎日処理をしていると、毛穴の中に毛が残ってしまうため、剃りきれなかったヒゲが青く見えてしまいます。

また、青ヒゲに見えるのが嫌だからと深剃りをしてしまえば、肌を傷つけ菌が触れることで炎症を起こします。

そして、毎日同じカミソリを使っている方も要注意です。カミソリを丁寧に洗ったとしても、水や空気に触れているため、サビついたり、菌が繁殖を起こしている可能性があります。そのようなカミソリで毎日剃っていると、当然肌はボロボロとなるでしょう。

毛抜きでは埋もれ毛の原因に

毛抜きでヒゲを自己処理されている方も多くいます。毛抜きも剃るときと同様で肌へ大きなダメージを与えている可能性があると理解しておきましょう。

個人差にもよりますが、脱毛を考える男性の毛は多くの場合、太くて濃いもの。太くて根強い毛をピンセットなどで無理に抜こうものなら、埋もれ毛や炎症、色素沈着といった肌トラブルを招きます。

一時的には毛が抜けてスッキリ感じるかもしれないですが、未来の肌へ大きな代償を負わせると頭に入れておきましょう

おわりに

ここまでで、メンズTBCで行うヒゲ脱毛について紹介してきました。毎朝行わなければならない処理、濃いヒゲに悩まれている方は、メンズTBCでスーパー脱毛をされることをおすすめします。

メンズTBCでは無料カウンセリングをしてもらえる他、時期にもよりますが、かなりの格安価格でお試し体験を受けることができます。気になる方は1度お試し体験を受け、本当に施術後「毛」がなくなり肌が引き締まっているのか、実感をしてみましょう。

今回おすすめしたメンズTBCについて、もう少し詳しく知りたい方はこちら。

>>メンズTBCの詳細はこちら

TOP