TOP > コラム > 脱毛の基本 > メディオスターによるヒゲ脱毛のメリット・デメリットを紹介!

メディオスターによるヒゲ脱毛のメリット・デメリットを紹介!

メディオスターとその他の脱毛機の違いは?

メディオスターのメリット・デメリット

一般的な脱毛の仕組み

一般的な医療脱毛機

「アレキサンドライト・ライトシェア」など、メディオスター以外の医療用脱毛機の場合は、強力な光エネルギーを照射し、毛根細胞を熱で破壊するため痛みが強いです。

メディオスターの脱毛の仕組み

メディオスターの仕組み

「メディオスターNextPro」は毛根ではなく、毛に栄養を送る役割を担っているバルジ領域(発毛因子)を破壊する事で脱毛します。

この方法は照射の出力を最小限に抑え、蓄熱による衝撃がすくない方法でバルジを破壊するので、医療脱毛の中で1番痛みが少ない脱毛機です。

メディオスターでヒゲ脱毛をする回数と期間

メディオスターの効果処理を楽にしたい薄くしたいツルツルにしたい
平均回数6回6回~10回10回~15回
平均期間1年1年~1年8カ月1年8カ月~2年6カ月

医療脱毛にしては少し時間がかかってしまいますが、光脱毛と比べると回数・期間ともに1.5倍ほど短くなります。

痛くてももう少し早く終わらせたいという方には、「ライトシェア・アレキサンドライト」を選ぶと光脱毛より2倍ほど早く結果がでます。

メディオスターのメリット

メディオスターのメリット

1.医療脱毛で1番痛みが少ない

一般的な脱毛機は高出力で毛根を焼いて破壊する方法なので、1回の照射で感じる痛みが大きくなってしまいます。メディオスターの場合は何度も60℃の低温で照射を繰り返し、バルジに熱を蓄積し少しずつ破壊していくので、痛みも少なく輪ゴムではじかれる位の痛みです。

2.肌に優しく炎症を起こしにくい

バルジ領域は毛根より照射箇所が浅いので肌への負担が少なく、-5℃で冷却しながら施術を行うので蓄熱によるやけどや炎症を防いでくれます。

施術後にでる赤みや毛嚢炎といった、レーザー脱毛ならほぼ確実にでる症状なども、他の機器より少なくなります。

3.色黒の人でも施術する事ができる

光脱毛・医療脱毛は黒い色素(メラニン)に反応する事で脱毛を行っていたので、色黒の人や日焼けをしてしまっている状態だとやけどの原因となり施術する事ができませんでした。

メディオスターから照射されるエネルギーは特殊で、バルジ領域にのみ作用する性質をもっているので、色黒で今まで脱毛ができなかった人も脱毛する事ができます。

4.産毛を脱毛する事ができる

産毛はメラニンに反応しにくいのですが、メディオスターはバルジ領域に反応する事で脱毛ができる仕組みとなっているので、細い毛でも効果を得やすいようになっています。

5.施術の時間が短い

メディオスターの照射面には隙間がなくうち漏れが少ない脱毛機です。また一度の照射で広範囲の脱毛をする事ができるので、施術時間が短くなります。

早ければ10分~15分で終える事ができるので、痛みに我慢する時間が短く、麻酔なしでも耐えやすい理由にもなっています。

メディオスターのデメリット

メディオスターのデメリット

医療脱毛の中では効果が弱い

痛みが強い医療脱毛機の「アレキサンドライトやライトシェア」と比べ効果が弱いと言われています。

特に濃いヒゲの方は長期間かかってしまう可能性が高く、15回程通っても薄くなっただけという方もいるので、本気で青髭に悩んでいる方は、痛いかわりに効果が高いライトシェアを選んだ方が良いです。

>>ライトシェアのメリット・デメリットを見る

実績が薄く、永久脱毛できるかは不明

2016年1月から大手クリニックで導入された最新機種なので、永久脱毛ができるというエビデンスはなく確実に脱毛が保証されている機器ではありません。

確実に効果が得たい場合は、厚生労働省に認められている「アレキサンドライト・YAGレーザー」を選ぶ事をおすすめします。

照射部位が熱くなる

最初照射が始まった時の感覚としては細い輪ゴムではじかれるような痛みなのですが、しばらくすると熱湯が入った容器を押し当てられているような感覚になります。

ヒゲの濃い方は特に熱さを感じやすいので、耐えられない時は麻酔または出力を弱くしてもらいましょう。

メディオスターはどんな人におすすめ?

  • 痛みに弱い人・痛い部位を脱毛する人
  • 地黒または日焼けをしている人
  • 産毛も一緒に脱毛したい人
  • 施術時間を短くしたい人

という方におすすめの方法です。ただ、人気機種なので取り扱いをしている店舗は限られています。次で導入しているおすすめクリニックを紹介していきます。

メディオスターを導入しているおすすめのクリニック

1位:湘南美容クリニック

湘南美容外科クリニックのメインビジュアル

湘南美容クリニックが選ばれる理由

  • ヒゲの永久脱毛が6回で2万9800円と圧倒的な安さ
  • メディオスターNextProの導入店が8店舗と多い
  • 年間15万件の実績とベテラン医師・看護師が在籍

湘南美容クリニックはヒゲ3部位6回のコースが2万9800円と低価格で、薄いヒゲ~普通ヒゲの方は最安値でツルツルにすることができます。

年間の施術件数も15万件と多く、何度も脱毛を行っている経験豊富な医師・看護師が在籍しているので安心です。

詳細情報
コース料金・ヒゲ脱毛3部位1回:9800円
・ヒゲ脱毛3部位3回:1万9800円
・ヒゲ脱毛3部位6回:2万9800円
メディオスター導入店数8店舗
メディオスター導入店舗札幌院・湘南メディカルクリニック仙台院・秋葉原院・新宿レーザー院・西新宿男性レーザー院・名古屋院・湘南メディカルクリニック大阪院(大阪レーザー院)・福岡レーザー院

2位:ゴリラクリニック脱毛

ゴリラ脱毛

ゴリラクリニック脱毛が選ばれる理由

  • ヒゲ脱毛3部位6回が6万8800円(6回以降1回100円)
  • 新潟店以外の全店舗にメディオスターNextpProを導入
  • メディオスター以外に脱毛機が4機種と肌に合わせた照射もできる

ヒゲ脱毛3部位6回6万8800円と安く6回以降の料金は1回あたり100円なので、実質ほぼ無制限で通う事ができます。

ヒゲの濃い方でツルツルの状態にしたい方にとっては低価格となっており、脱毛機の種類も多いので途中で機器を変えられるのもうれしいポイントです。

詳細情報
コース料金・ヒゲ脱毛3部位6回:6万8800円

※6回以降1回100円
※上記:11:00~15:00の時間外の場合は8万8600円
メディオスター導入店数8店舗
メディオスター導入店舗新宿本院・池袋院・銀座院・上野院・横浜院・名古屋栄院・大阪梅田院・福岡天神院

3位:メンズリゼクリニック

メンズリゼ

メンズリゼクリニックが選ばれる理由

  • ヒゲだけでなく、鼻、手の甲など好きな部位を5回7万4800円で施術する事ができる
  • 「メディオスターNextPro」の導入数が1番多いクリニック
  • シェービング代・トラブル対応料・キャンセル料などの追加料金込みの価格

ヒゲ3部位と固定されたコースではなく「眉下・鼻・手の甲・手指・鼻下・あご・あご下・もみあげ」から自由に3カ所指定する事ができます。

また、麻酔代以外なく追加で支払う必要がなく、キャンセルやシェービング代も無料なので、忙しい方も通いやすいようになっています。

詳細情報
コース料金ヒゲのセレクト2部位セット:5回:5万5800円
ヒゲのセレクト3部位セット:5回:7万3800円
(鼻下・あご・あご下・頬:もみあげ)
メディオスター導入店数11店舗
メディオスター導入店舗新宿・渋谷・大宮・梅田・心斎橋・三宮・京都四条・名古屋栄・仙台・広島・福岡

4位:ISクリニック

アイエスクリニック

ISクリニックが選ばれる理由

  • ヒゲ脱毛3部位5万4800円で2.5年間無制限
  • ヒゲ脱毛顔全体でも6万4800円で2.5年無制限と濃いヒゲ最安値
  • 新宿店だと21時まで診察と会社帰りにも通える

ヒゲ脱毛3部位が5万4800円、顔全体が6万4800円で2.5年間無制限(14回~15回)濃いヒゲの方には最安値の料金となっています。

ただ、店舗は東京の新宿と銀座にしかないので、地域が限定されており通える方は限られます。

詳細情報
コース料金ヒゲ脱毛3部位2年半無制限コース:5万4800円

顔全体脱毛6回:6万4800円
メディオスター導入店数2店舗
メディオスター導入店舗銀座院・新宿院

メディオスターの施術の流れ

1.カウンセリング

カウンセリングでは注意事項の他に、疑問点や不安点などの相談に乗ってもらえ、悩みを解消することができる場です。

希望している状態までにかかる、だいたいの料金や期間を毛質・毛量・肌質から算出してもらう事もできます。

その他にも「キャンセル」「追加料金」「トラブル時の対応」についても教えてもらえます。

2.テスト照射

クリニックによっては任意のところもありますが、テスト照射を受ける事ができます。

痛み、肌への影響などを確認し、本番に使用する照射レベルの調整を行います。痛みが強い場合は相談すれば出力を下げてもらう事ができます。

※出力を下げると、脱毛の効果が弱まるのでその点だけ注意が必要です。

3.施術当日

メディオスターNextProの施術当日の流れは以下のようになっています。

  • 1.毛が残っている場合は剃毛
  • 2.施術部位を消毒
  • 3.脱毛箇所のマーキング
  • 4.目を守るゴーグルを着用
  • 5.ジェルの塗布
  • 6.必要であれば麻酔
  • 7.レーザーの照射
  • 8.アフターケア

の8ステップになります。剃毛と麻酔は別途料金がかかるので、事前にムダ毛を剃る。必要なければ麻酔をしない事がおすすめです。

4.アフターケア

照射が終わると、塗布したジェルをふき取り、肌を鎮静化させるため冷却をします。最後に消炎剤を塗って施術終了です。

※メディオスターの場合は、毛はすぐに抜けず1週間ほどたってからポロポロと抜け始めます。

メディオスターと他脱毛器の比較

脱毛器
メディオスター

ジェントルレーズ
方式蓄熱レーザー
レーザーの種類ダイオードアレキサンドライト
効果バジル領域の破壊毛根の破壊
目的永久脱毛永久脱毛
ツルツルまでの回数12回10回
痛み痛い激痛

日本での導入台数が一番多い最もスタンダードな「ジェントルレーズ」と「メディオスター」の比較をしました。

メディオスターでの施術はジェントルレーズに比べ効果は表れにくいですが、痛みを抑えているので痛みを感じやすいヒゲには向いています。

脱毛後の注意点!副作用から肌を守る!

脱毛後の注意点

施術後は肌が敏感になり、やけどや炎症を負いやすい状態となっています。これから紹介する注意点を守る事で、肌荒れを防ぐ事ができるので、ぜひ覚えておいてください。

施術直後にするケア

  • 家に帰ったらぬれたタオルで肌を冷やす
  • クリニックで処方された軟こうを塗る
  • 外出は避け紫外線を防止する

脱毛直後には避けること

  • T字カミソリでのシェービング
  • 体を温めてしまう行為(入浴・運動・飲酒)
  • 処方された軟こう以外の、乳液やオイルなどの使用

脱毛後しばらく我慢した方が良いこと

  • 岩盤浴・サウナなど過度に体を温める
  • 温泉・プールなど不特定多数で利用する施設
  • 抜いて自己処理はしない
  • 予防接種は2週間ほど避ける

となっており、簡単にまとめると「温めない・刺激を与えない」事が大切です。肌の状態によっては脱毛を受けられなくなってしまう事もあるので、くれぐれも注意してください。

まとめ

ここまでメディオスターのメリット・デメリットから、導入しているおすすめのクリニックまで紹介してきました。

医療用の脱毛機の中では、1番痛みを感じることなく脱毛ができる最新の機器ですが、まだ導入から日が浅いので永久脱毛ができる保証はありません。

ただ、ここ2年の体験談や口コミを見る限りでは、実際にヒゲの量が減っており、ツルツルにできている実績がいくもあります。

ネットで探すだけでも何百件とでてくる事から、効果については折り紙付きなので、ストレスなく施術を受けたい方にはメディオスターがおすすめです。

TOP