TOP > コラム > 脱毛の基本 > レーザー(医療)脱毛のリスクは火傷だけじゃない!知っておくべきその他のリスク

レーザー(医療)脱毛のリスクは火傷だけじゃない!知っておくべきその他のリスク

レーザー(医療)脱毛のリスクは火傷だけじゃない!知っておくべきその他のリスク

より高い効果に期待して、エステサロンでの光(フラッシュ)脱毛ではなく、クリニックなどの医療機関でレーザー脱毛を受けようと考えられる方は多くいることでしょう。

レーザー脱毛と言うと出力レベルが高いことから、照射後に火傷を起こすリスクがあると言われていますが、他にもリスクは存在しています。実際にレーザー脱毛を受ける前にこちらで、レーザー脱毛では火傷以外にどのようなリスクがあるのかを確認しておきましょう。

その他のリスク1. ヒリヒリ感・むくみ

レーザー照射後は必ずと言っても良いほど炎症反応が起きるものです。とくに肌が敏感で弱い方は、数日間ヒリヒリ感が残る場合があります。このように施術直後にヒリヒリ感やむくみ(炎症性浮腫)が発生する原因は、レーザー照射により発生する熱が原因

脱毛を受けるときはカウンセリングで、ヒリヒリ感やむくみが生じたときにどう対応すれば良いのかをしっかり確認しておきましょう。多くの場合は炎症止めの軟膏を処方してもらい塗布することとなります。

ヒリヒリ感やむくみ(炎症性浮腫)が発生しやすい部位

ヒゲやワキ、スネやビキニラインなど、もともとの毛が太く濃い部位はレーザー照射による熱量がとても多く発生するため、ヒリヒリ感やむくみが起こるリスクが高まります。

照射後にヒリヒリ感を感じたり、違和感があった場合、すぐに施術を行ったお店に連絡を入れて対応の仕方について指示をもらいましょう。

その他のリスク2. 毛嚢炎(もうのうえん)

レーザー脱毛はエステサロンで行う光(フラッシュ)脱毛とは違い、出力レベルがとても高いです。そのため、レーザーの熱によって毛穴のバリア機能がダメージを受け、雑菌が侵入しやすくなります。

ここで、毛穴へ雑菌が侵入することで炎症を起こすのが毛嚢炎と呼ばれる症状。毛穴周辺が赤くなり痛みを感じることが多く、ニキビができやすいのが特徴です。

毛嚢炎(もうのうえん)が発生しやすい部位

毛嚢炎が発生しやすい場所は、ヒリヒリ感やむくみのときと同じように、ヒゲやワキ、スネといった毛が濃く太い部位。レーザー照射後はできるだけ毛嚢炎が起きないように肌に優しく清潔に保つことが鉄則。

皮膚表面に出てきた毛を抜くことをはじめ、カミソリで剃ることやスクラブ入りの洗顔料で顔を洗うことは肌へのダメージが相当大きいため避けましょう。レーザー照射後にヒゲの処理をする場合は、カミソリ刃ではなく電気シェーバーがおすすめです。

その他のリスク3. 硬毛化・増毛化

人によってはレーザー照射後に脱毛部の毛が増えてしまった、以前よりも硬い毛が生えてくるという方がいます。このように、硬毛化・増毛化する原因に諸説はありますが、はっきりとした原因は解明されていません

医療機関で行うレーザー脱毛だけでなく、エステサロンで行う光(フラッシュ)脱毛でも起こる可能性があるリスクです。

増毛化・硬毛化のリスクが高い部位

増毛化・硬毛化のリスクが高いと言われる部位は、うなじや背中といった、もともと毛が細く薄い部位だと言われています。しかし前述でもあったように、原因が解明されていないため、その他の部位でも増毛化・硬毛化となることは十分考えられます。

少しでも増毛化・硬毛化に不安を感じる場合は、カウンセリングの際に状態を見てもらい、しっかりとリスクに対する説明を受け解消させましょう。

その他のリスク4. 打ち漏れ

機種によっては設計上の問題で、レーザー照射の研修や実践を行っているスタッフの場合であっても、打ち漏れが100%ないとは言い切れません

多くのクリニックでは打ち漏れがあった際は、無料で追加照射を行ってくれますが、念のために希望される場所でカウンセリングを受けたときに、「打ち漏れがあった場合」の対応について確認をしておきましょう。

まとめ

レーザー脱毛を行った際、火傷以外で起こる可能性があるリスクについて紹介してきました。

こちらで説明をした内容をおさえておくことはもちろん大事ですが、実際にレーザー脱毛を受けるお店で、カウンセリングの際に考えられるリスク面、もしトラブルが起こった場合はどのように対応をしてもらえるのかを、しっかりと確認しておきましょう。

TOP