TOP > コラム > 脱毛の基本 > ヒゲ脱毛が痛い人の特徴は?医療脱毛と光脱毛の違いを解説!

ヒゲ脱毛が痛い人の特徴は?医療脱毛と光脱毛の違いを解説!

ヒゲ脱毛痛い

ヒゲ脱毛を受けたいけど、医療脱毛と光脱毛って「どれくらい痛いのか?」気になりますよね。中には

  • 「できるだけ痛くない方法で施術がしたい!」
  • 「痛くて途中で断念してしまいそう・・・」
  • 「麻酔を使っての施術はいや!」

といった悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?ヒゲ脱毛は方法によって、痛みの強さは変化しますが、結論からいうと「必ず痛い」です。

今回はその痛みの強さについて徹底的に解説していきたいと思います。

ヒゲ脱毛方法ごとの痛みと効果

「光脱毛」・「レーザー脱毛」・「ニードル脱毛」の3つの脱毛方法があり、それぞれ以下のような痛みの違いがあります。
脱毛方法光脱毛レーザー脱毛ニードル脱毛
痛みの強さ痛い激痛悶絶

光脱毛

脱毛方法の中で一番痛くない方法です。「細い輪ゴムで思いっきり弾かれた」ような痛みを伴うので、痛いですが十分耐える事ができるような痛みです。

肌にも優しく、毛穴を引き締める美肌効果も期待できますが、脱毛効果は毛を細くする成長を抑える「抑毛」までとなっています。

レーザー脱毛

レーザー脱毛は医療機関(クリニック)でしか受ける事ができない方法です。「太い輪ゴムで思いっきり弾かれた」ような痛みを伴うので、痛みに耐えられない方もいます。

ただ、医師が在籍しているので、麻酔を使用して痛みを緩和する事ができ、「回数を重ねる事で永久脱毛」をする事ができます。

ニードル脱毛

毛穴に電極を刺して毛根を焼き切る方法で、最も痛みが強いです。「大人でも悶絶して冷や汗が出る」ほどの痛みを伴い施術時間が長いので、痛みに強い人でないと厳しい方法です

肌へのダメージも大きく、脱毛の副作用が出やすいのですが、施術箇所は「1回で永久脱毛」する事ができます

ヒゲ脱毛の痛みが強い施術部位

ヒゲ脱毛の部位痛み
鼻下【★★★★★】
アゴ【★★★★☆】
【★★★☆☆】
アゴ【★★☆☆☆】

1.鼻下

「元々痛みに敏感」+「ヒゲが密集している部位」なので、激しい痛みを伴います。一番痛みが少ない光脱毛でも我慢が必要なレベルで、レーザー脱毛の場合は冷や汗がでるほど痛いです。

2.あご

ヒゲの密度が薄いことが多いので、痛みを感じにくい部位ですが、濃いヒゲが生えている方は鼻下と同じくらいの痛みを感じる事があります。

3.ほほ

「鼻下・アゴ」と比べる痛みは少なくないです。光脱毛だとほとんど痛みを感じないですが、レーザー脱毛だとエラの部分を施術する時に大きな痛みを感じる事があります。

4.アゴ下

ヒゲの中では1番痛みが少ない部位です。レーザー脱毛だと痛いですが、麻酔を使用しなくても我慢できる人が多いです。

ヒゲ脱毛で痛みを感じやすい毛質と肌質

痛みに弱い・強い以外にも、個人差があり肌の色と毛の濃さによって感じる痛さが違います。

医療脱毛と光脱毛の原理は黒い色素(メラニン)に反応する事で、毛根またはバルジ領域にダメージを与え脱毛をします。

そのため黒い部分が多いほど痛みを感じる可能性が高く、「毛の量が多い人」あるいは「肌が黒い人」への刺激は強くなります。

痛みが強い普通痛みが弱い
地黒の人・日焼けをしている人普通肌・日焼けをしていない人色白の人
ヒゲが濃い人普通ヒゲヒゲが薄い

ヒゲ脱毛の痛み対策

肌を保湿する

肌が乾燥していると痛みが増します。脱毛中は化粧水や乳液で肌の保湿を徹底し、肌の調子を整えておきましょう。

日焼けしない

毛のメラニン色素に反応させる事で脱毛を行います。日焼けによって肌のメラニン量が増えるとエネルギーが分散し効果が減るだけでなく、肌に反応してしまうので痛みが増します。

痛みが少ない脱毛器を選ぶ

レーザー脱毛の場合は、使用する脱毛器によって、痛みが変化します。一番痛みが少ない「メディオスターNEXTPRO」なら麻酔が必要ないほどの痛みなので、レーザー脱毛でもあまり負担を感じません。

「メディオスターNEXTPRO」を導入しているクリニック

以前までは、麻酔なしで施術できる医療脱毛ない!と言われていたのですが、最新脱毛機の「メディオスターNEXPRO」の登場によって麻酔がなくても痛みに耐える事ができるようになりました。

従来の脱毛器の場合は毛穴の奥にある、毛根細胞にダメージを与える事で脱毛をしていましたが、メディオスターの登場で毛根より浅い位置にあるバルジ領域を破壊して脱毛ができるようになったので、痛みが軽くなっています。

ですが「高い効果・軽い痛み・施術時間の短さ」からメディオスターは世界中で人気の脱毛器で品薄状態が続き、導入できている店舗が限られているので、こちらにまとめてみました。

湘南美容クリニック

湘南外科クリニック

ヒゲ脱毛3部位が6回で2万9800円の最安値&医療脱毛最大手のクリニックで、一番初めにメディオスターを導入したのも湘南美容クリニックとなっています。

現在では1年で12万件以上の実績を誇り、合計36万件の施術をしてきている、ベテランの医師と看護師がそろっているので、安心して脱毛することができます。

店内も落ち着きのある雰囲気でどこもキレイで清潔感があり、いい環境で脱毛ができるのもポイントです。

導入している店舗一覧

メディオスター導入店舗
札幌院湘南メディカルクリニック仙台院新宿本院秋葉原院
新宿レーザー院西新宿男性レーザー院宇都宮院千葉西口院
横浜レーザー院名古屋院大阪レーザー院福岡レーザー院

ゴリラクリニック脱毛

ゴリラ脱毛

ヒゲ脱毛3部位6回が6万8800円で、6回以降の施術は3年の間ずっと1回100円と、ほぼ無制限に施術を受ける事ができるので濃いヒゲの方におすすめのクリニックです。

メディオスターの他にも脱毛器を多数準備しているので、効果をもう少し実感したいといった時には変更する事も可能です。

ヒゲのデザイン脱毛もカウンセリング時に相談すれば、希望通り脱毛してくれるコストパフォーマンスが高いクリニックです。

導入している店舗一覧

メディオスター導入店舗
新宿本院池袋院銀座院上野院
横浜院名古屋栄院大阪梅田院 福岡天神院

メンズリゼクリニック

メンズリゼ

メンズリゼはヒゲ脱毛3部位5回が5万9800円と少し高めの料金設定ですが、定額制なのでコース料以外に別途費用がかかることはなく、肌トラブルなどの場合もクリニックが負担してくれます。

基本コースの他にも、最短6か月コースというものがありますが、そのコースでの施術は効果が高いが痛みも強いライトシェアで行うため、痛いのが苦手な方は短期間での脱毛は避けた方がいいです。

導入している店舗一覧

メディオスター導入店舗
新宿渋谷大宮心斎橋
京都四条仙台--

と全国展開しているクリニックでも導入できている店舗は一部だけとなっており、個人のクリニックなどでは導入できている所が少ないレアな脱毛器です。その分人気は高く予約が取りにくい傾向にあります。

ヒゲ脱毛の痛みを抑える方法

肌を保湿していく

潤った肌はバリア機能が高いので痛みを感じにくくなるだではなく、炎症などの肌トラブルも抑える事ができます。

脱毛期間だけでも、化粧水や乳液での保湿をして肌ケアする事がおすすめですが、施術の直前に塗ると効果が弱まってしまうので、気を付けましょう。

日焼けをしないように気をつける

黒い色素(メラニン)に反応することで脱毛するので、日焼けをすると肌のメラニン量が増え、肌を焼いてしまいます。

痛みは強くなるだけではなく、ヤケド・炎症の原因となり、最悪の場合施術ができなくなってしまうので、気を付けてください。

カミソリではなくシェーバーで剃る

カミソリは肌に直接刃を当てるのでどうしても肌荒れしやすく、痛みを感じやすい状態になります。

ヒゲを剃る時は肌を守る保護カバーがついている電気シェーバーで脱毛の前日に剃るようにしてください。

おわりに

いかがでしたでしょうか?ここまでヒゲ脱毛の痛さの違いと、痛みを最小限に抑える方法を紹介してきました。

人によって痛みの感じ方が違い、事前の準備で少し痛みが変わる事もありますが、基本的に毛の処理は「痛みと手間」に「効果の持続性」が比例します。

全く痛みのない「髭剃りであれば1日」・「抜けば2~3週間」・「光脱毛なら長期間の抑毛」・「医療脱毛なら永久脱毛」とわかりやすく、我慢すれば結果が必ず付いてきてくれます。

医療脱毛に興味があるけど、痛みが気にっているという方は、テスト照射やトライアルコースで実際体験してみるのもいいかもしれません。

TOP