TOP > コラム > 脱毛の基本 > 青髭ができる原因と目立たせなくする解決方法

青髭ができる原因と目立たせなくする解決方法

青ひげができる原因と、目立たせないための対策方法

年齢を重ねれば重ねるほど、朝丁寧にひげをそったとしても、夕方ごろにはポツポツと、夜になると青ノリみたいなひげが生えてくるもの。この青ひげは、「男性の青ひげに対してどう思うか」という女性の口コミを見ても「清潔感がない」「不潔」「そってほしい」など好感度が低いことがわかります。そしてひげが濃くて悩む男性は少なくありません。

青ひげができる原因ってなに?

毛が濃い・青ひげに悩む人が多いことは冒頭の説明でもおわかりになったと思います。ここでまず初めに知っておくべき内容が。それは、「青ひげはどれだけしっかりそっても、無くせない」ということ。多くの方が勘違いしがちですが、青ひげの原因はそり残しではない為、「そったところでどうにもならない」とまずは理解してください。

青ひげの原因は皮膚の薄さにある

ひげは皮膚の表面ではなく、皮膚下にある毛穴から生えてきています。そして体毛の中でも特に濃く、太く、密度があり、約5ミリの深さまで生えていると一般的に言われています。そのためどれだけ丁寧に、深ぞりをしたところで、毛穴の中まではそることができません。

このような理由から、皮膚が薄い顔に光が当たることで皮膚下の毛が透けて見えるのです。つまり青ひげができる原因はそり残しなどではなく、そった後の皮膚下のひげが透けて見えるから。しっかりおさえておきましょう。

男性ホルモンの分泌も青ひげの原因

青ひげの原因は皮膚の薄さと先ほど紹介しましたが、男性ホルモンの分泌も青ひげに大きく関係があります。ひげ・体毛に関係している男性ホルモンはテストテロンというホルモン。このテストテロンホルモンは男性らしさを作り出すホルモンとも言われており、テストテロンが多く分泌されると身体機能の強度や性機能の維持などにも役立つと言われています。

男性として生きためにはとても重要であるテストテロンホルモンですが、多く分泌されるだけ毛が濃く生えるため、青ひげの原因ともなるのです。男性ホルモンは「タバコの吸いすぎ」「過度のストレス」「睡眠不足」「暴飲暴食」などの生活習慣の乱れから多く分泌されることもあるため、日頃の生活を見直してみましょう。

「体毛」が青く見えないのは、毛根の深さがひげとは違うから

「ひげが青く見えるのに、体毛が青く見えないの?」と思うことはありませんか?実はこれ、ひげと体毛は毛根の深さが違い、ひげは皮膚と毛根の距離が近く、体毛は深い場所に存在しているため、青く見える事がないのです。青く見えるのが嫌だからと深ぞりをしたところで、青ひげを根本的に解決できないほか、肌を傷つけてしまうため絶対に避けましょう。

青ひげを目立たなくする、解決方法とは?

青ひげができる原因については、ここまででおさえることができましたか?下記では青ひげの改善・対策方法について紹介します。青ひげに悩まれている方は、ぜひ実践してみてください。

解決方法その1. 脱毛をする

青ひげを根本的に解決できるといった意味でも、脱毛されることを強くおすすめします。脱毛効果や安全面などを考えても1番確実なのは間違いなし。脱毛はメンズエステ・医療クリニック・家庭用脱毛器で行う3つの選択肢から選び行うのが一般的。それぞれの方法で脱毛をするメリット・デメリットを下記で紹介します。

◇「メンズエステ」で脱毛を行うメリット・デメリット
--- メリット ---
・痛みがほとんどない
・施術時間が短くて済む
・脱毛と合わせて、美肌効果も期待できる
--- デメリット ---
・医療クリニックで行う脱毛と比べると、通う回数が多い
・通うメンズエステによって、得られる効果に差がでる

◇「医療クリニック」で脱毛を行うメリット・デメリット
--- メリット ---
・医師が常駐しているため、肌トラブルが起きた場合も迅速に対応してもらえる
・メンズエステと比べると、通う回数が少ない
・医療機関のため、痛みに不安がある場合、麻酔が使える
・医療機関のため、機器の出力レベルを通常より高く設定でき、より脱毛効果が得られる
--- デメリット ---
・メンズエステや家庭用脱毛器での脱毛と比べ、費用がかかる
・メンズエステや家庭用脱毛器での脱毛と比べると、痛みを伴う
・機器の出力レベルが高くなるため、施術後に赤みが出やすい

「濃い青ひげを絶対に脱毛したい!」という方は結果にこだわる「ゴリラクリニック」がおすすめです。脱毛に特化した医療用のレーザーを完備している事と、業界最安値級の安さを誇っているため、ヒゲの脱毛に最適なメンズエステと言えます。

>>青ひげ脱毛におすすめ!ゴリラクリニックの詳細はこちら

◇「家庭用脱毛器」で脱毛を行うメリット・デメリット
--- メリット ---
・自分の好きなとき・好きな時間に自宅で脱毛できる
・1度機器を購入すれば、ひげ以外の部分を脱毛できる
・広範囲・ひげ以外の部分も脱毛すると考えると安価
--- デメリット ---
・痛みを感じる機器が多い
・出力レベルがクリニックなどより弱いため、毛が太いひげには効果がない場合がある
・自分で行うため、やけどなどのトラブルを起こす可能性が高い

解決方法その2. ひげ用コンシーラーを使う

コンシーラー(部分用ファンデーション)と聞くと女性が化粧で使うイメージが強いかもしれないですが、最近では男性も使っています。コンシーラーを使うことで、皮膚下の毛が透けて見えなくなり、青ひげが目立たなくなります。コンシーラーは素早く青ひげを隠せるためオススメですが、購入する場合は首の色に近い商品を選ぶよう注意しましょう。理由は、色ムラを作らないため。

◇「コンシーラー」を使うメリット・デメリット
--- メリット ---
・手早く青ひげを隠すことができる
・青ひげと一緒に毛穴も隠せる
--- デメリット ---
・カミソリと比べると、購入費用が高い
・首とアゴ先の色が違うなど、色ムラができる可能性がある

解決方法その3. T字カミソリを使う

T字カミソリは電気シェーバーを使うよりも深そりができるといった理由から、ひげ処理に使う人は多いでしょう。ただしT字カミソリを使う際には正しいそり方ができているかが重要。下記で正しいそり方のポイントと、T字カミソリを使うメリット・デメリットを紹介します。

1. 肌への刺激を軽減するためにも、3枚刃以上のカミソリを使用する
2. シェービングフォームはジェルタイプではなく、刃で傷つけにくい泡タイプを選ぶ
3. ひげをそる直前に、蒸しタオルやスチーム(蒸気)で顔を温めて、毛穴を開かせる

◇「T字カミソリ」を使うメリット・デメリット
--- メリット ---
・自宅で好きなとき、好きな時間にできる
・コストが圧倒的に安い
--- デメリット ---
・どれだけ深そりをしても、青ひげを根本的に解決できない
・手違いで肌を切ってしまう場合がある

おわりに

ここまでで青ひげができる原因と、青ひげを目立たせないための解決方法をメリット・デメリットと合わせて紹介してきました。参考となりましたでしょうか?青ひげの原因は、太くて濃い毛が、薄い皮膚から透けるから…。男性ホルモンが関係している…。でしたよね?

この青ひげを安全に、より効果的に改善したいのであれば、「メンズエステ」や「医療クリニック」で脱毛をすることがオススメです。多くのメンズエステやクリニックでは、お試し体験を行っています。1度体験をして、本格的に通い青ひげの根本的解決を検討すると良いでしょう。

>>脱毛におすすめ!メンズクリニック比較ランキングの詳細はこちら

TOP