TOP > コラム > おさえておくべき基礎知識 > SPF・PA+って?無防備肌を守る日焼け止めの対策4選!

SPF・PA+って?無防備肌を守る日焼け止めの対策4選!

SPF・PA+って?無防備肌を守る日焼け止めの対策4選!

みなさん毎日しっかり日焼け止めを塗っていますか?日焼け止めなんて面倒くさいし、日焼けをしたって何も問題はないと、日焼け止めを塗っていない人は少なくありません。

しかしこれから先の健康を考えるなら、いつまでもきれいな肌を保ちたいと思うのであれば、徹底して日焼け止めを塗るべきだと言えます。今回は日焼け止めに関しておさえておきたい知識をいくつか紹介します。

いまいち分からないSPFとPA+ってなに?

SPFは「紫外線B波の防護指数」のこと

SPFはサン・プロテクション・ファクターの略を言います。SPFは主に紫外線B波の防御効果を現ししわやたるみの原因となる紫外線を防いでくれます。もっと言うと、皮膚が紫外線量を何倍に増やすことができるのかという指数。

例えばSPFが10の場合、1という効果のものより10倍、通常より肌の焼けるスピードを遅らせてくれます。薬局やスーパーなどで売られている日焼け止めはSPF50+という数値がほとんどです。

しかし通勤や散歩といった日常生活程度であればSPF10〜20で十分と言え、対してゴルフや釣りに行く場合にはSPF50+がおすすめです。用途に合わせてSPF数値を選ぶようにしましょう。

PA+は「紫外線A波の防護指数」のこと

PAはプロテクショングレイドオブUVAの略を言います。PAは主に紫外線A波の防御効果を現ししみやそばかすの原因となる紫外線を防いでくれます

またPAは「+」の多さで紫外線をカットする効果の強さが決まっており、「+」「++」「+++」「++++」と全部で4段階あります

PA+効果がある
PA++かなり効果がある
PA+++非常に効果がある
PA++++極めて効果がある
A波特徴として、夏に限らず冬や春でも多くの紫外線が全期間安定して飛んでいるので、1年間とおしてのUVケアが必要になってきます。

絶対に日焼けしないための4つの対策

1.室内にいても油断せず日焼け対策をする

室内にいることが多いから日焼け止めは塗らなくても大丈夫と、日焼け止めを塗らない方が多くいます。しかしこれは大きな間違いです。紫外線にはA波とB波の2種類があり、B波のほとんどは窓ガラスでシャットアウトされるため、それほど気にしなくても大丈夫。

しかしA波はB波と比べて地上まで届く量が多いため、窓ガラスでは完全にシャットアウトできません。A波は肌の深い部分まで入り込みダメージを与えるため、室内で過ごす場合でも日焼け止めを塗り対処しましょう。A波を受け続けていると深いシワができ、最悪の場合だと皮膚ガンになるといった可能性もあります。

2.日焼け止めは首回り、耳裏までしっかりと塗る

日焼け止めを塗ってはいるけど、顔しか塗らないという人が意外と多いです。ですが、耳裏や首まわりもしっかり塗る必要があります。

これらの部分は思っている以上に日焼けをするもの。とある病院の報告によると、耳裏に皮膚ガンが見つかったという報告もあるほどです。日焼け止めはムラなく、露出部分にしっかり塗ることが大事です。

3.日焼け止めは2度塗りする

日焼け止めの塗り方で多いのが、指先にチョコッと取りササッと塗るやり方。日焼け止めに書かれている効果は、正しく塗って初めて得られるもの。日焼け止めの正しい塗り方は、片手のひらに500円玉程度の大きさの日焼け止めを乗せ、顔に塗り両手で伸ばす。日焼け止めをより効果的にするためには、2〜3時間おきに塗り直すこと。

気付かないうちに汗をかいて、手で顔をこすって日焼け止めが落ちているものです。日焼け止めはこまめに塗り直しましょう。

4.ビタミンCなどのサプリで内部からの効果をあげる

紫外線を浴びることで肌に大きなダメージが加わり、細胞が勢いよく劣化することはすでにご存じだと思います。また、細胞がダメージを受けるメカニズムには活性酸素の存在が大きく関わっています。

活性酸素は反応性の高い酸素のことを言い、カラダに取り入れた酸素のおよそ2%は活性酸素に変換される。活性酸素が体内に多く存在すると、老化や病気の原因となるなどあまりよろしくありません。紫外線はそんな活性酸素を発生させる要因となっているのです。

日焼け止めを使い紫外線を防ぐことで、活性酸素の発生は少なからず抑えられる。さらにビタミンCを積極的に取ることで酸化防止、さらには日頃ダメージを受けている肌の修復が行えるため、効果的と言える。

まとめ

日焼け止めに関する基礎知識としてここまで紹介してきました。参考となりましたでしょうか?説明してきたように、紫外線を受けることで肌はダメージを受けシミやシワと言った老化、最悪の場合には皮膚ガンを引き起こす可能性があります。

室内・屋外どちらで過ごす場合でも、日焼け止めは定期的に塗ることをおすすめします。

TOP