TOP > コラム > おさえておくべき基礎知識 > 皮膚がたるむ3つの原因と治すための今すぐできる2つの対策!

皮膚がたるむ3つの原因と治すための今すぐできる2つの対策!

皮皮膚がたるむ3つの原因と治すための今すぐできる2つの対策!

年齢を重ねるごとに気になりだす容姿。気になる容姿のなかでも、特に「顔のたるみ」が気になるという方が多くいます。

肌がたるんでいると、実年齢よりも上に見られてしまったり、なんだか疲れているように見えてしまったり、見た目が老けてしまったということから自分に自信をもてなくなってしまう…。このように良いことがありません。

ここでは、皮膚にたるみができてしまう主な原因(要因)と、今すぐできる対策について紹介をします。ぜひ参考として、たるみ予防を実践してくださいね。

皮膚をたるませてしまう原因って何?

皮膚は紫外線など外部からのさまざまな刺激や乾燥から肌を守るだけでなく、空気中に浮遊する微生物などの侵入を阻止したりと、カラダを保護する大切な役割を果たしているのです。

そして皮膚は表面から、表皮→真皮→皮下組織という順番で構成されており、皮膚の厚さは年齢や性別・部位によって異なります。では、皮膚にたるみができる原因は何になるのでしょうか。下記で見ていきましょう。

原因その1. 肌の弾力が低下するから

前述でも出てきた肌の「真皮」と呼ばれる層のなかでは、肌のハリを支える役割を果たすコラーゲンとエラスチンが、バネのような構造でピンと弾力を保ち肌がたるまないように支えています。

若い人の肌はみずみずしく弾力がありますが、これは皮膚内部で新陳代謝が活発に繰り返されることで、肌の柔軟性・弾力性を保つことができているから。

しかし、20代前半を過ぎたあたりから、皮膚内部での新陳代謝は衰え始めるため、柔軟性が失われていくのです。特に、繊維状のたんぱく質で肌のハリを保つ「コラーゲン」と、ゴムのように伸縮し、肌に弾力を与える「エラスチン」が緩みがちとなるため、結果として肌がたるみます。

原因その2. 皮下脂肪が肥大化するから

「皮下脂肪」は脂肪組織の大部分を占めており、エネルギーの貯蔵や体温を一定に保つ働きがあります。これらの機能を果たす皮下脂肪が、年齢を重ねることによってエネルギー代謝の減少から肥大化しやすくなるのです。

皮下脂肪が肥大化すると重力に対抗することができなくなり下方向へたるむこととなります。

原因その3. 筋力が低下するから

特に顔に存在する表情筋は手足の筋肉とは異なり、骨ではなく直接皮膚に付着しています。皮膚に直接ついているため、神経伝達も速く瞬時に細かな表情を作ることができるのです。年を重ねると胸や脚の筋肉が萎縮して衰えていくように、表情筋も徐々に衰えていきます

外的・内的要因と、対策をおさえておこう!

たるみができる原因についてここまでで、3つほど紹介してきましたがおさえられていますでしょうか?続いてはたるみを引き起こす、外的要因と内的要因をしっかりとおさえておきましょう。

要因を知ることができれば、それに合わせて対策をとることができるはずです。

主な「外的要因」と対策

●紫外線

やはり皮膚にたるみができる1番の要因として言われているのが紫外線です。肌が紫外線を浴びることで、真皮内のコラーゲン・エラスチンを破壊し、肌の弾力性を奪います。紫外線から肌を守るためには、毎日日焼け止めを塗ることがおすすめ。めんどくさい面倒くさいかもしれないですが、日焼け止めを毎日塗っている人と塗っていない人の肌を比べてみると、肌の状態・肌年齢に大きく違いが見えてきます。

●ストレス

ストレスとは心身にストレッサーと呼ばれる不快な刺激が加わり負担がかかった状態のこと。心身に強いストレス負荷が加わると、ストレスホルモンが分泌され血管を収縮させることで、免疫力が低下するといったことから、肌のターンオーバーサイクル(一般的に28日)を乱してしまいます。

ターンオーバーが乱れてしまうと、肌の弾力性が失われるほか、バリアー機能が低下するため肌荒れも起こしやすくなることに。

現代社会において、ストレスを受けないようにしましょうと言っても無理に等しいでしょう。可能な限り入浴でリラックスをする、趣味に没頭するといったことで、心身にかかるストレス負担を軽減させましょう。

主な「内的要因」と対策

●生活習慣

生活習慣のなかでも、喫煙者の方は要注意です。タバコを吸うとニコチンが血管を収縮させることで血行を阻害します。血行不良が起きると、カラダに存在する細胞へ酸素や栄養分が十分に運ばれにくくなるため、皮膚の働きを衰えさせたるみを作ってしまいます。また、タバコは体内に大量の活性酸を発生させるためカラダの老化を早めます。

対策としてすぐにタバコを止めることが望ましいですが、難しいようでしたらレモンやフルーツを取るなどしてビタミンCの補給を積極的にしておきましょう。タバコ1本で約1日分の必要ビタミンC量が失われると言われています。ビタミンCは肌ツヤを損なわせ、シワやタルミを起こします。

●栄養不足

栄養のなかでも特に「ビタミン」「ミネラル」が不足すると新陳代謝が低下し、皮膚機能が維持できなくなるため、シワやタルミなど肌荒れを起こしやすくします。たんぱく質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラルを偏りなくバランスよく食事で取ることを心がけましょう。

まとめ

皮膚がたるむ原因(要因)と今すぐできる対策について紹介してきました。参考となりましたでしょうか?年を重ねるごとに肌が老化することは避けようがありません。大切なのは、どのようにして老化スピードを遅くさせられるか!

今回紹介をしたなかでも、日焼け止めを塗るという対策方法だけでもやるかやらないかで大きな違いが出てきます。ぜひ実践してみてください。

またメンズエステでのフェイシャルマッサージやフラッシュ機器を使った施術も、対策として効果抜群ですよ。

>>メンズエステ比較ランキングはこちら

TOP