TOP > メンズエステのお試し体験で聞かれる事とダメなカウンセリングの4つの特徴

メンズエステのお試し体験で聞かれる事とダメなカウンセリングの4つの特徴

メンズエステのお試し体験で聞かれる事とダメなカウンセリングの4つの特徴

男性だってメンズエステに行く時代。最近では脱毛・痩身(そうしん)・フェイシャルなど、色々なメニューのお試し体験がメンズエステで受けられるようになり、多くの男性がエステのお試し体験を受けています。

エステサロンに行くと必ず、施術前と施術後にカウンセリングを受けることになりますが、カウンセリングの場であなたが気にすべきことは何になるのでしょう?お試し体験の施術内容や注意事項の説明は、大前提として注意深く聞くのは当たり前。それだけでなく、カウンセリングだけでスタッフ(エステティシャン)の知識・技術力やサロンの良しあしを見極めることが可能となります。

ここではメンズエステのお試し体験に行った際、カウンセリングでどのようなところを注意深く見ると良しあしが見極められるかを紹介します。

メンズエステで「カウンセリング」を行う目的って?

メンズエステサロンは数多く存在しています。ほとんどの場合どこのサロンでお試し体験を受けたとしても、カウンセリングの前に身長・体重・健康状態・悩みがある体の場所や症状、どのようになりたいのか?といった項目をシートに記入し、その内容をもとにスタッフがカウンセリングを進めます。

そもそも、このカウンセリングを行う目的って何なのでしょう?

目的1. サロン側のリスクヘッジ

カウンセリングでは、

  • ・あなたが施術内容を受けられる体質かどうかを確認(ペースメーカーなどが入っている場合受けられない)
  • ・受けるメニューの内容や料金、期待できる効果について
  • ・万が一トラブル説明
    • などの理由でカウンセリングの場が設けられます。これらは行ってみれば、お店側にとってのリスクヘッジと言えます。

      サロン側がお客さまに納得をしてもらうことで、仮にあとから肌が荒れたなどのトラブルが起こった場合でも、「カウンセリングで説明をして納得された上で受けましたよね?」と言えるのです。これがメンズエステで「カウンセリング」が行われる目的の1つです。

      目的2. コース契約をしてもらうため

      もう1つ、メンズエステでカウンセリングが行われる目的を挙げるならば、「体験後にコース契約をしてもらう」ためです。そもそもお試し体験価格は、通常価格と比べると激安です。お試し体験で来られたお客さまに施術を行い、「ありがとうございました」だけでお見送りをしているだけでは、店舗スタッフにかかっている人件費などもあるため経営的にマイナス。

      お試し体験を受けたお客さまに、「理想とされる姿を目指してコース契約を組みませんか?」と勧め契約をとっているのが実情です。

      これがダメな「カウンセリング」

      カウンセリングが行われる目的を知ったら、「ダメなカウンセリング」についてもおさえておきましょう。メンズエステのお試し体験に行き、下記で紹介するようなカウンセリングであった場合は要注意!

      カウンセリング時間が極端に長い・短い

      ネットなどで口コミを見ていても、「カウンセリング時間が1時間もあった 」「詳しい説明がないまま5分でカウンセリングが終わった」などの声があります。あなたの体質についてヒアリングを行い時間がかかる分には良いですが、施術内容や注意点に関する説明で時間が長引く場合は、トラブルが起きる可能性が高いと考えられます。

      また、説明不足で説明時間があまりに短い場合もトラブルの可能性があるため要注意と言えるでしょう。

      説明で専門用語が多すぎる

      メンズエステとひとくちに言っても、脱毛や痩身(そうしん)・フェイシャルなどサービス内容はさまざま。それだけ施術部位や、使う機器の数だけ専門用語が存在します。これらの専門用語をカウンセリングの場で、スタッフが当たり前のように使っているサロンは良くないと言えます。一般の人でも理解ができる言葉や、具体例を用いて説明をしてくれるサロンが◎です。

      不安をあおる

      施術後のカウンセリングで、「現状の肌を見ると、こちらの化粧品をつけなければ劣化スピードが速い」「肌がボロボロになる」など不安をあおるような説明をされたという声は少なくありません。いくら丁寧な言葉遣いであったとしても、デメリットなことに対してお客さまの不安をあおるようなスタッフがいるサロンはよくありません。

      質問に対する回答が曖昧

      特にサロン全体のレベルがわかる部分と言えるでしょう。施術内容や注意事項の説明に関してはマニュアルがあるため、どこのサロンに足を運んだとしてもスムーズに進むでしょう。しかし個人的な悩みや専門用語について質問をすると「えーと…」「⚪︎⚪︎だからだと思います…」など曖昧な回答をするスタッフがいます。

      曖昧な返答しかできないのは知識や技術が足りていないから。また、サロンで定期的な研修・教育が行われていないことも考えられます。スタッフに質問をした時に曖昧な返答ばかりの場合は要注意です。

      まとめ

      エステサロンでカウンセリングが行われる目的、さらにダメなカウンセリングについて紹介してきました。カウンセリングの場では、「⚪︎⚪︎はどのような意味でしょうか?」「施術の効果はどのように現れますか?」など気になったことを積極的に質問しましょう。 積極的に質問をすることで、自身の疑問解消・スタッフやサロンのレベルを見極めることができます。サロンの良しあしは会社や店舗、スタッフによって異なります。

      まずは気軽に色んなサロンでお試し体験を受けながら、どこのサロンが良いか見極めてはいかがでしょうか?

      >>メンズエステ比較ランキングはこちら

TOP