TOP > コラム > おさえておくべき基礎知識 > 逆に太る?食べないダイエットが体に危険な5つの理由

逆に太る?食べないダイエットが体に危険な5つの理由

逆に太る?食べないダイエットが体に危険な5つの理由

最近では「食べないダイエット」は即効性があり効果的であると、メディアが取り上げることもあれば、信ぴょう性のないネットでの口コミにより、ダイエットといえば「食べない」という考えをもつ人が増えてきました。

しかしこの食べないダイエット。食事をとらないことで一時的に体重は減少しますが、自身の体にとって大きなリスクをもたらせますので絶対にやめましょう。今回は特に覚えておいてほしい重要なポイントを5つ紹介します。

リスク1. リバウンドしやすい体質になる

できるだけ早く痩せたいと思ったときにやってしまいがちなダイエット方法が、極端に食事量を減らすといった方法や、食べないダイエット。冒頭でも少し紹介したように、 一時的に体重は減りますが、食事量を元に戻すと体重も戻ってしまい、結果としてリバウンドを起こしやすい体質になってしまいます

摂取エネルギーが減ると、体内にため込もうとする働きが助長される

食事量を極端に減らす、絶食をすると摂取エネルギーが少なくなり、脳が「飢餓状態」と勘違いを起こします。そうすると体は少ない栄養でも活動ができるように、エネルギーを体内にため込もうとする働きが助長され、通常の食事量に戻した時に体重が増えやすくなってしまうのです。

リスク2. 筋肉量が低下する

みなさんが毎日呼吸をして心臓を動かしているように、筋肉もタンパク質を構成しているアミノ酸をもとに日々、分解や合成を繰り返し、筋肉量の維持や増加しているのです。このようなことから、食事量から摂取するタンパク質量が減ってしまうと筋肉量が減ってしまいます

基礎代謝が落ちるため痩せにくくなる

筋肉量が減ってしまうと基礎代謝が落ちてしまうため、結果として痩せにくい、太りやすい体質へと変わってしまうのです。このような体質になってしまうと、体に脂肪がつきやすくなり、体質改善をするのも一苦労します。

リスク3. うつ病に陥りやすくなる

特に食べないダイエットとして一般的に有名なのが「炭水化物抜き」です。穀物の中で特にお米には、人間が健康に暮らすために必要な成分が多く詰まっているといえます。お米などの穀物をまったく避けていると、「セロトニン」という物質が作れなくなってしまうのです。

セロトニン物質が不足すると脳内で「幸せ」を感じなくなる

このセロトニン物資が何かを簡単にいうと、脳内に「幸せ」だと感じさせる物質。これは「ドーパミン」や「ノルアドレナリン」に並ぶ3大神経物質で、人間の睡眠や感情、食欲の調整などに大きな影響を与えるといわれています。

一般的に、このセロトニン物質が不足してしまうと、精神的な疾患に陥りやすくうつ病になりやすいともいわれているので注意が必要です。

リスク4. 栄養失調になる可能性がある

極端に食事量を減らす、食べないダイエットをした場合、単純にエネルギーだけではなく、代謝に必要であるビタミンやミネラルなどの栄養素不足にもつながり、ひどい場合には、栄養失調を招く恐れがあります。

「肌に潤いがなくなる」「骨粗しょう症」の原因ともなる

食べないダイエットなどにより、ビタミンやミネラルが体内で不足すると、「肌や髪に潤いがなくなる」「免疫力が落ちて風邪をひきやすくなるなどの症状のほか、ビタミン類などのように、食事から摂取する鉄分やカルシウム不足により、「貧血」や「骨粗しょう症」の原因にもなってしまいます

リスク5. 摂食障害(拒食症・過食症)を引き起こす可能性がある

吐きそうになっている男性

「痩せたい」という願望が強くなりすぎると、「物を食べると太る」という間違った認識につながり、太ることを恐れ、食べることが怖くなる「拒食症」を引き起こす可能性があります。

また食べないダイエットなど、極端な食事制限によるストレスから、食欲が止まらなくなり、ドカ食いを繰り返す「過食症」を招く恐れがあります。

摂食障害から合併症を起こすことも考えられる

拒食症や過食症といった摂食障害の合併症として多く見られるのが、「嘔吐(おうと)」です。嘔吐(おうと)することにより内蔵や歯を悪くしてしまいます。その他にも「ホルモンバランスの乱れ」「自己嫌悪・うつ病」といった合併症を引き起こす可能性もありますので注意が必要です。

まとめ

ここまでで、食べないダイエットが体にもたらす危険性についてはご理解いただけましたか?ダイエットをするのであれば、健康的に痩せてキレイにならなければ意味がありません。

極端な食事制限などで一時的に痩せても、その後に体を壊してしまうとそれこそ悲しいです。メンズエステで痩身(そうしん)をおこない理想的な体形を手に入れ、トレーニングジムで筋肉を増やして脂肪を落とすなど、食べないダイエット以外で自分にあった適切なダイエット方法を見つけましょう。

>>メンズエステ比較ランキングはこちら

TOP