TOP > 頬にできた毛穴が開きっぱなしの原因と引き締める為の対策!

頬にできた毛穴が開きっぱなしの原因と引き締める為の対策!

気になる頰にできた毛穴の開き!原因と解消法

ふと鏡を見たときに、頰に毛穴の開きが多く見られビックリしたことはありませんか?「最近まで、毛穴がここまで開いているなんてことはなかったのに」と、ショックを受ける男性は少なくないです。

ではどうして、毛穴が目立つくらいまで開いてしまうのでしょうか?今回は毛穴開きの原因と、解消法について紹介します。

毛穴開きの原因は肌の「たるみ」と「乾燥」

毛穴が開く大きな原因はズバリ肌の「たるみ」と「乾燥」です。鏡を使って毛穴をよく見てみると、頰がたるみ広がりを見せる毛穴の形は丸くなっています。たるみがなく若々しい肌の場合毛穴はしずくのような形。肌が加齢や紫外線によるダメージによりハリを失うと、重力に逆らうことができなくなるため、毛穴が広がりながら丸くなっていくのです。

また、水分不足などにより肌が乾燥することも頰の毛穴を広げてしまう大きな原因と言えます。肌が潤いを失うと、キメが乱れてしまい毛穴が広がるのです。これら「たるみ」と「乾燥」が毛穴開きの原因となりますので、頭に入れておきましょう。

頰の毛穴開きを解消する方法を紹介

前述で毛穴の開きとなる原因は、「たるみ」と「乾燥」であると紹介しました。これら原因に関わるポイントを見直し改善していけば、頰の毛穴開きは解消されることが期待できます。下記でどのような方法なのかを見ていきましょう。

紫外線対策をしっかり行う

肌にたるみができてしまう大きな原因は紫外線にあります。たるみを予防・進行させないためには紫外線対策が必須です。紫外線にはUVA(A波)、UVB(B波)、UVC(C波)と呼ばれる種類がありますが、中でもUVAは肌の真皮層まで届き、肌に弾力性を持たせる働きをしているコラーゲンやエラスチンにダメージを与え、肌の弾力性を奪い劣化させます。

外出時には日焼け止めを塗ることはもちろんのこと、室内であっても紫外線はカーテンや窓を通り肌へダメージを与えるため、しっかりと日焼けを塗りましょう

表情筋・深層筋を鍛える運動を適度に行う

顔には表情筋・深層筋と呼ばれる2種類の筋肉が存在します。表情筋は皮膚のすぐ下に付いている筋肉で、文字通り顔の表情を作ります。対して深層筋は、骨に付随している筋肉で表情筋の下に存在し、表情筋を支える役割、そして血液を顔全体へ送り届ける役割も担っています。

これらの筋肉はどちらが衰えても肌がたるむ(毛穴開き)原因となります。適度に筋肉を動かし刺激を与えて衰えないようにしましょう。表情筋・深層筋を鍛えるおすすめの顔運動は上を向き、大きく口を開けて「あいうえお」を30回で1セット。これを5回くらい行う。ベロを出して上下に30回を交互に・左右に30回を交互に。これを3セット目安に行うことです。筋肉が鍛えられたるみ防止となる他、顔がシュッと細くなるためおすすめ。

洗顔方法を見直す

ここまでは、たるみ防止の解消法を見てきました。ここからは乾燥対策です。まずは洗顔方法を見直してみましょう。肌を乾燥させないためには、肌をしっかり保湿することが大前提となりますが、最近では肌の乾燥が目立つ人は保湿方法よりも洗顔(クレンジング)方法に問題があると言われています。具体的には下記のような事項が肌を乾燥させ、毛穴を目立たせます。

  • 洗顔料をしっかり泡立てない
  • 洗顔料を水で混ぜずそのまま顔につける
  • 洗顔時に手が直接顔に触れゴシゴシ洗う
  • 顔を拭くとき、タオルでゴシゴシ拭く
  • これらに心当たりがある方は、肌にダメージが加わり良くないため今日からやめましょう。洗顔料はぬるま湯でしっかり泡立て、手が直接顔に触れることなく、泡だけで洗うように。また洗顔後はタオルで拭くというよりは、タオルを軽く顔にあて水分を吸い取るような感じにすると肌への負担が少ないですよ。

    保湿を怠らない

    洗顔後は肌を乾燥させないために、保湿をしっかりしましょう。化粧水をたっぷり付けそのあと乳液を付けます。洗顔で失った水分を化粧水で補い、乳液で補った水分が蒸発しないようにフタをするというイメージです。正しい方法で洗顔を行い、保湿をしっかりするだけでもかなり効果が期待できます。ぜひ今日から続けて見てください。

    まとめ

    頰にできる毛穴開きの原因と解消法について見てきました。今回の内容の他にも、メンズエステでケミカルピーリングやフォトフェイシャルといった施術を受けることも、毛穴の開きにとても効果的。メンズエステはお試し料金で安く体験することもできるためおすすめです。

    TOP