TOP > コラム > フェイシャルの基本 > 顔が大きくなる(見える)原因と改善策を知ろう

顔が大きくなる(見える)原因と改善策を知ろう

顔が大きくなる(見える)原因と改善策を知ろう

鏡を見て「小顔になりたい」、そんな風にため息をつくのは女性だけではありません。顔の大きさを少しでも小さくしたいと思う男性もたくさんいます。

今よりも小顔になることを目指そうとするのであれば、何を知りどのようにすればいいのでしょうか?

そもそも顔が大きくなる原因って?

個々で思考が違うように、身長や骨格も人それぞれ違います。成長してしまった身長を自由に伸ばしたり縮めたりできないように、顔の骨格も自由に大きくしたり小さくすることは難しいのです。言ってしまえば、顔の骨格をどうにかしようと気にしても仕方がないのです。

その他に、顔を大きくしてしまう原因があります。こちらで原因を確認しておきましょう。下記で紹介する原因を改善させることができれば、今よりも小顔に見えるはずです。

「脂肪・むくみ・たるみ」が主な原因

骨格以外で顔が大きく見えてしまう原因は主に「脂肪・むくみ・たるみ」の3つ。下記で1つ1つ見ていきましょう。

●脂肪

もっとも顔が大きく見える理由としてわかりやすいのが脂肪です。特にアゴや頰に脂肪がつきやすく、またこれらの部分に脂肪がつくと「なんか太った?」とまわりが見ても分かるくらい目立ちます。有酸素運動でカラダ全体のぜい肉を落とす運動を行い、顔についた肉も落としていきましょう。

●むくみ

カラダ全体の代謝・血液循環が悪くなり体内で老廃物がたまることで、顔にむくみが起こります。エステサロンでフェイシャルマッサージを受けるなどをすれば、短時間での解消が期待できます。顔がむくみがちな人は、リンパを流し老廃物がたまりにくくしておくことで、今より小顔に見えます。

●顔のたるみ

顔のたるみも、むくみと同じように顔を大きく見せる原因の1つと言えます。たるみは紫外線による肌細胞の劣化や、コラーゲン不足によって生じます

また加齢によって比例するように肌の弾力が重力に逆らえなくなるため、年を重ねるごとにタルむようになってきます。

顔の歪みと筋肉の発達も顔が大きく見える原因に!

顔に脂肪がつく、むくむ、たるみが顔を大きく見せる主な原因だと説明をしました。その他にも顔を大きく見せる原因となるのが、顔の筋肉発達と顔のバランス崩れです。筋肉発達に関しては、特にストレスを強く感じている人は注意が必要。

ストレスから食事を強くかんでしまう、常にガムをかむ。このようなことから筋肉が発達してゴツゴツなり大きく見える原因へとつながります。趣味に没頭できる時間を作るなどでストレスをうまく解消しましょう。

また日頃の食事でのかみ合わせや姿勢によって骨がずれ、顔のバランスが崩れる事で顔が大きく見える場合があります。また顔のバランスがゆがんだ状態で筋肉が成長することにより、血液循環がうまくいかなくなりむくみの原因となる場合があります。

小顔を目指すのであればエステでのフェイシャルメニュー

顔が大きくなる原因はここまでで紹介してきたようにいくつかあります。悩みを解消して小顔にしたいというのであれば、メンズエステでフェイシャルメニューを受けてはいかがでしょうか。フェイシャルメニューは主に「手技」と「マシン」の2パターンです。

手技と言われるフェイシャルマッサージではリンパマッサージで老廃物を促すほか、オイルやパックなどを使い、肌を整えながら引き締め小顔を目指します。またマシンでは、吸引や高周波を使って刺激。吸引は肌の汚れを吸い出し、肌表面に柔軟性を与え、さらにむくみやセルライトを分解し、顔に付いた脂肪が落ちやすくなる効果が期待できます。

また、メンズエステの中でも「ダンディーハウス」というエステでは、顔痩せの専用のコースが用意されているので、お試しで一度体験してみるのもいいかもしれません。

>>小顔になれるダンディーハウスの詳細はこちら

まとめ

顔が大きくなる(見える)原因について紹介をしてきました。小顔を目指すのであればやはりメンズエステでフェイシャルメニューを受けることがおすすめです。格安料金でお試し体験ができ、無料カウンセリングを行ってくれるエステサロンが多くあります。悩み改善のために、1度利用されてみてはいかがでしょうか?

TOP