TOP > コラム > ダイエットの基本 > 生活習慣病のリスクも!内臓脂肪がたまる原因と燃焼のさせ方

生活習慣病のリスクも!内臓脂肪がたまる原因と燃焼のさせ方

生活習慣病のリスクも!内臓脂肪がたまる原因と燃焼のさせ方

内臓脂肪という言葉を一度は聞いたことがあると思います。気が付いたら内臓脂肪を多くため込んでしまったという方、どうして内臓脂肪がたまるのか理由がわからないという方も少なくありません。

ここでは、内臓脂肪がたまる理由と効率が良い燃焼のさせ方を紹介します。内臓脂肪が気になっている方はこちらで確認をしておきましょう。

内臓脂肪とは?

冒頭から内臓脂肪という言葉を何度か使い話を進めてきましたが、そもそも内臓脂肪がどのようなものかをご存じでしょうか?内臓脂肪は、おなかの内面や内臓を覆う膜につく脂肪のことを言います

この内臓脂肪は「余剰エネルギーの倉庫」とも言われており、脂肪細胞の1つ1つにエネルギー源となる中性脂肪が蓄積されていくのです。内臓脂肪はこのようなものであると頭に入れておきましょう。

内臓脂肪がたまる原因は?

先ほどは内臓脂肪について説明を進めてきました。ご理解いただけていますか?続いて、内臓脂肪がたまる原因について見ていきましょう。

内臓脂肪は運動量のアンバランスが原因

内臓脂肪がたまってしまう原因は、過食と運動量のバランスが取れていないことです。食事などから摂取したエネルギー量が運動によるエネルギー消費や、基礎代謝で消費されなければ余った分が体内で中性脂肪となり脂肪細胞へ蓄えられていきます。

おなかの中にある脂肪細胞の1つ1つ膨らむことで腹部は肥満化していくのです。

内臓脂肪は見た目でわかる肥満ではないと医学的に言われていることから、標準体重以下の場合であっても注意が必要です。内臓脂肪の割合が体内で増していくことで生活習慣病のリスクを高めてしまいます。まずは普段の食生活や運動をしっかりとできているかを見直し、消費カロリーが摂取カロリーを下回らないようにと意識しましょう。

糖尿病や心筋梗塞を発症するリスクあり

さきほど、内臓脂肪がたまっていくと生活習慣病となるリスクが高まると紹介しました。これらは、内臓脂肪から分泌される「生理活性物質」の影響により発症しやすくなると言われています。さらに、動脈硬化を進めるとも言われているため、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす可能性があるのです。

世間では内臓脂肪をため込んだ状態をメタボリック症候群と呼んでいますが、思っている以上に内臓脂肪を体内にため込んでいることへの危険性は認識されていません。内臓脂肪は自身のカラダへ危険性を持っていると頭に入れておきましょう。

内臓脂肪を効率的に燃焼させるためにはどうすれば?

ここまでの説明の中で内臓脂肪はやっかい、絶対に燃焼させたいと思っていただけたことかと思います。実際に内臓脂肪を落とすためには、どのようなことをするのが効果的なのでしょうか?

特に効果的と言える方法を2つ紹介します。

有酸素運動が効果的

摂取カロリーより消費カロリーを多くするためには運動をすること。運動のなかでも、カラダへ多くの酸素を取り込む有酸素運動が特に効果的。物を燃やす場合をイメージしてみましょう。酸素が多くある場所の方が火のまわりが早いですよね?

体内にある脂肪も同じことが言えます。

よくランニングや水泳など、有酸素運動は20分以上続けあたれば効果はないと言われますが、これは誤りです。有酸素運動で消費されるエネルギーは体脂肪よりも先に、血液中の糖からと言われたことから始まった定説。20分以上続けなくても、10分ごとの小刻みであってもトータルしておこなえば効果はあるのです。運動が苦手でなかなか有酸素運動が続けられないという方は5分からでも良いので、まずは継続的な習慣をつけましょう。

メンズエステでの痩身(そうしん)施術

有酸素運動は内臓脂肪の燃焼にとても効果的ですが、どうしてもできないといった方もいるでしょう。そんな方にはメンズエステで痩身(そうしん)施術を受けることをおすすめします。最近では男性も女性と同じように健康や美へ気を使うようになったことから、多くのメンズエステが存在しています。

運営会社によって施術内容は多少異なりますが、「ダンディハウス」というメンズエステなら、内臓脂肪を撃退するための専用のコースがあるので、気になる方は一度お試し体験で安く施術を受けてみるのもいいかもしれません。

>>ダンディーハウスの詳細はこちら

まとめ

内臓脂肪がたまる原因と、効率的と言える燃焼方法について紹介してきました。内臓脂肪は生活習慣病を引き起こす可能性があるため注意が必要です。

今回お伝えした方法をもとに、内臓脂肪対策を行いましょう。

TOP