TOP > コラム > ダイエットの基本 > 睡眠不足は肥満を招く?ダイエットをするなら要確認

睡眠不足は肥満を招く?ダイエットをするなら要確認

睡眠不足は肥満を招く?ダイエットをするなら要確認

美肌のためには、22:00~2:00のゴールデンタイムの時間中に睡眠をとると成長ホルモンが活発に分泌されるため、効果的というのはよく知られています。実は美肌だけに限らず、ダイエットにも質の良い睡眠というのは大きく関わっているというのをご存じでしょうか?

ダイエットをしている人のなかには、週に3日は頑張って有酸素運動をしている、トレーニングジムに通って筋トレをしている。それなのに、思っている以上にカラダに変化が見られない、ダイエットができている実感がない!と口にされる方は少なくありません。

ダイエットにチャレンジされている方、これからダイエットをしようと視野に入れられている方は、こちらでダイエットと睡眠の関係性をおさえておきませんか?

「睡眠不足」は太りやすいという研究結果が出ている

冒頭で美肌だけに限らず、ダイエットにも睡眠が大きく関わっていると言いました。実はこれにはしっかりと根拠があります。

海外で行われた実験結果によると、睡眠時間を1日に7~8時間としっかりとっている人が肥満度の割合が最も低く、睡眠時間が7~8時間より下回る・上回る人は肥満度が高い傾向にあるという結果が出ています。。もう少し具体的に言うと、睡眠時間が5時間未満の人は肥満率がしっかり睡眠をとっている人と比べて50%アップ、さらに睡眠時間が4時間以下の人の場合には73%も上昇すると言われているのです。

また、日本人の健康診断データを分析したという研究結果においても海外での研究と同じような結果が出たとされています。これらの研究結果から考えて、睡眠時間とダイエット(肥満)は大きく関係していると言えるのです。

睡眠不足が肥満を招く理由とは?

ここまでの説明で睡眠はダイエットに大きく関係、睡眠時間が短いと太りやすいということがおわかりになったと思います。

では、睡眠時間が短くなることでどうして太ってしまうのか、肥満を招く理由について紹介します。

ホルモンバランス(レプチンとグレリン)が乱れるから

睡眠不足で太ってしまう理由として真っ先に言えることは、レプチンとグレリンというホルモンバランスが崩れてしまうから

「レプチン」とは簡潔に言うと食欲を抑制するホルモン。対して「グレリン」とは食欲を増進させる働きがあるホルモンです。睡眠時間が短いと、食欲を抑制するレプチンが減り食欲を増進させるグレリンの数値が高くなる傾向に。

グレリンの数値が高くなると、脂っぽい料理、ハイカロリーなものが食べたくなります。睡眠不足の状態でラーメンやお菓子、生クリームたっぷりのケーキを食べたくなるのは、これらのホルモンバランスが乱れることが原因です。

暴飲暴食を招くから

先ほどの説明のように睡眠時間が短くなると、ホルモンバランスが乱れてレプチンの分泌量が減ってしまいます。これによって自身の意思とは関係なく、ご飯を食べたばかりなのに、まだ足りない、もっと食べたいという「暴飲暴食」を招きやすくなります。

脂肪燃焼効率が落ちるから

睡眠をしっかりとることで、成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンには肌のターンオーバーを促すだけでなく、脂肪を分解・燃焼させる働きもあるのです。睡眠時間が短い、眠りが浅いといった状況が続くと、成長ホルモンが十分に分泌されなくなるため、結果として太りやすくなってしまいます。

まとめ

ここまでで、睡眠時間とダイエットは大きく関係しているということを、海外と日本で行われた研究結果や、太りやすくなる理由と合わせて説明してきました。参考となりましたでしょうか?

仕事や環境によっては思うように睡眠をとれない方もいることでしょう。睡眠時間をどうしても取れないといった方は、合間で20分寝る、10分寝るなどで睡眠をとり、対策しましょう。またダイエットにチャレンジ中で、いまいち効果を実感できていないという方は、しっかり睡眠をとれているか、確認してみましょう。

TOP