TOP > メンズエステの痩身と相性抜群!LSDを取り入れダイエット

メンズエステの痩身と相性抜群!LSDを取り入れダイエット

メンズエステの痩身(そうしん)と相性抜群!LSDを取り入れダイエット

ダイエットにチャレンジをする、エステに通い痩身(そうしん)施術を受ける人は、最近では女性だけでなく男性のなかにも多くみられます。メンズエステで受ける痩身(そうしん)施術はハンドマッサージや特殊な機器を駆使し、体重・体脂肪を効果的に落としダイエットの成功をサポートします。もちろん痩身(そうしん)施術を受けるだけでもダイエットに効果的と言えるのは事実。

ですが、今トレーニング雑誌やダイエット成功者 の中で話題となっている「LSDトレーニング」もダイエットを志すのであればかなり効果的。メンズエステで痩身(そうしん)施術を受けている方は、ダイエットをより効果的にするLSDトレーニングについて見ておきませんか?

痩身(そうしん)施術を受けていない方も、LSDトレーニングだけで高いダイエット効果を期待できますので、ぜひ参考としてください。

LSDとは?

LSDはロングスローディスタンスの略語で、有酸素運動の一種となりジョギング・ランニング・水泳など種類はさまざまです。有酸素運動を行うと高い脂肪燃焼効果を期待できると言われていますが、LSDはその中でも特に脂肪燃焼効果が高いと言われています。

ジョギングより遅いスピードでゆっくり走る

ジョギングもゆっくりしたペースで走る方法の有酸素運動ですが、LSDトレーニングではジョギングよりもさらに遅いペースで走ることとなります。目安としては1kmあたり7〜10分ほどかけます。ジョギングの場合、呼吸が少なからず乱れることになりますが、LSDトレーニングではジョギングより遅いスピードで走っているため、呼吸はそれほど乱れることなく有酸素運動の種類のなかで最もラクにこなすことができます

体力・決意を必要としない簡単にできるダイエット運動

スタミナを向上させたい、今よりも1秒でも速くゴールを切れるようになりたいといった場合にはLSDトレーニングは向きません。LSDトレーニングは前述でも紹介しましたが、スピードを遅くゆっくり時間をかけて行うもの。

LSD以上に脂肪燃焼効果が得られる有酸素運動は他にないと、多くのダイエット成功者は言います。

そして体力もそれほど必要としないことから、特別な決意も必要ない。体力に自信がなくても今から即始めることができるLSDは、脂肪燃焼を目的とした有酸素運動で、最も適した簡単なダイエット運動と言えるのです。

毛細血管とミトコンドリアを増やす

筋肉量が少なく、運動経験がないトレーニング初心者がむやみにジョギングを始め走りだしてもほとんどは10分以内に疲れてしまいます。しかしゆっくりペースのLSDの場合、カラダへの負担が低く呼吸も乱れにくいため長時間続けて行うことが可能なのです。

そしてLSDは、ゆっくりとした一定スピードで長時間走ることにより筋肉の遅筋機能が強化され、新たな毛細血管が作り出されます。毛細血管が増えることで体内(細胞内)へ酸素が取り込まれる量が増え、脂肪燃焼を手助けするミトコンドリアの数が増殖し、毛細血管やミトコンドリアが増えることによって、脂肪燃焼率が大幅にアップするので痩せる事ができます

早く痩せたいならLSDを週に3回行う

LSDは週1回であったとしても十分効果を期待できますが、欲を出してもっと効果を引き出したいのであれば、週に3回程度をおすすめする。毛細血管とミトコンドリアの量を体内に増やし、たくさんの酸素を循環させ脂肪燃焼をさせましょう。

痩身(そうしん)施術とLSDは相性抜群

メンズエステで痩身(そうしん)施術を受けている人は、LSDを行うと脂肪燃焼に相性抜群だと冒頭で紹介しました。相性抜群の理由は上記でも説明をした、細胞内へ酸素が取り込まれる量が増えるというところにあります。

痩身(そうしん)ではハンドマッサージや機器を駆使して、脂肪燃焼を促します。何か物を燃やすときに酸素が多い場所の方がよく燃えるのと同じで、体脂肪も体内(細胞内)に酸素が多い方が、体脂肪の燃焼効率が良くなります。

最近では、メンズエステの数も多くなり通っている方も増えてきましたが、「ダンディーハウス」というお店では、痩身ダイエット専用のコースなどもありお試しで体験する事も可能なので、一度施術をうけてみるのもいいかもしれません。

>>メンズエステの比較ランキングはこちら

まとめ

LSDトレーニングについて、そして痩身(そうしん)施術とLSDトレーニングが相性抜群であることを紹介してきました。参考となりましたでしょうか?LSDは体力いらずで始めるのにハードルが低い有酸素トレーニング。とはいえ、脂肪燃焼効果はどの有酸素運動よりも期待できます。ダイエットを目指す方は、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

TOP